ダンサーの資格

公的な資格はなし

ダンサーの職業では、国家資格や公的な資格が存在しません。そのため、資格がなければ踊れないということはありませんし、実力が何より重視されます。

ただし、ダンスの各ジャンルで民間の資格はいくつか存在しており、ダンサーとしての活動内容や目指す方向によって、それらを取得している人もいます。ここでは、代表的なダンサーの資格をご紹介します。

キッズダンサー資格認定制度

一般社団法人日本キッズダンス協会が認定する資格です。同法人はキッズダンス、いわゆる子どもが踊るダンスの市場拡大や高度な技能を持つ人材育成を目的に作られた組織です。

現在は中学校の保健体育の授業でもダンスが必修化されたことに伴い、その授業の円滑な運用のサポートも事業領域の一部となっています。

今後はダンスに興味を持つ子どもが増えることが予想され、キッズダンスの指導者を志す人が、自らのスキルアップを兼ねて取得することが多いようです。

日本キッズダンス協会

ストリートダンス検定

一般社団法人ストリートダンス協会が認定する検定試験です。ヒップホップ、ジャズ、ロックなどジャンル別に試験が実施されており、細かく級が分かれているため、自分の実力を客観的に判断するすることができます。

また、教えることを目指す人に向けた上級指導者資格の試験も行われています。

ストリートダンス検定

資格は取得すべき?

他にも、社交ダンスなどでは数多くの民間プロダンスインストラクター資格などがありますが、これらを持っていると就職やオーディションの際に多少有利になる可能性はあります。

しかし、現時点で絶対に必要というものではなく、資格以上に実力が求められることは言うまでもありません。

ただし指導する立場を目指すのであれば、ダンスの知識やきちんとした指導方法を身につけている必要があるため、資格取得をきっかけに体系立てて学ぶことも役立つでしょう。

仕事体験談