ダンサーになるには

レッスンを受ける

ダンサーは表現力、創造力、個性などの芸術性が求められるほか、プロとして踊り続けるためには、基本的なダンスステップや体の使い方を身につけている必要があります。

ダンサーは特別な資格や学歴が求められる職業ではありませんし、独学も不可能ではありません。ただ、プロの下できちんとしたレッスンを受けることがダンサーになるための第一歩と言えます。

専門学校やダンス教室で学ぶ

ダンスのレッスンを受けられる場所としては、ダンスの専門学校やダンス教室が挙げられます。専門学校に入学できるのは基本的に高校卒業後ですが、中にはダンスを学びながら高卒資格を取得できる通信制高校なども存在します。

また、中学校や高校とは別で、街のダンス教室やスクールに通い、日々厳しいレッスンを重ねる人も少なくありません。

有名ダンサーが講師を勤めることをウリにしている学校も多いですが、自分が目指すジャンルのダンスを学べる学校を選ぶことはもちろん、評判だけではなく、きちんと基礎を教えてくれる学校を選ぶとよいでしょう。

卒業後は、プロダクションやダンススタジオに所属したり、チームを組んでクラブイベントに出演したり、フリーランスでオーディションを受けながら、仕事の幅を広げていくのが一般的な流れです。

早くからレッスンを受けるべき?

ダンスレッスンを受ける時期に関しては、さまざまな意見があります。幼少の頃から学んでいなければ大成しないという声もあれば、成人してからでも遅くないという人もいます。

しかし、ダンサーたちは競争の厳しい世界で日々闘っており、その中で成功するのはとても大変です。本気でダンサーを目指したいという気持ちがあれば、1日でも早くレッスンを受けるに越したことはありません。

ダンスの基本はバレエ

全てのダンスの基本はクラシックバレエにあると言われています。ヒップホップなどのストリート系ダンスなどは、一見、優美さや華麗さを追究するバレエとはまったく異なるように見えます。

しかし、どのようなダンスを踊るにしても、バレエにはダンスに求められる身体の正しい使い方、見せ方などが集約されており、そこで培った基礎は必ず役立ちます。

仕事体験談