ダンサーの魅力

大きな達成感が味わえる

ダンサーは、一つのステージが終わるたびに、何物にも代えがたい喜びと達成感が味わえます。レッスンやリハーサルで苦労すればするほど、成功したときの感動も大きくなるもの。オーディションを受け続けたり、厳しいレッスンをこなしたりなど、肉体的・精神的に大変なことも多々ありますが、それを乗り越えれば大きな感動があるからこそ、ダンサーとして踊り続けたいと思えるのです。

自分にしか踊れないダンスを求めて

できなかったステップができるようになったり、周りから褒めてもらえたりと、努力すればするだけ上達するのを実感できます。上達すれば、「もっと上手になりたい!」という気持ちが高まり、どんどんダンスの世界にハマっていくでしょう。

どこまでも上を目指し、情熱を持って自分にしか踊れないダンスを追い求めていけることは、ダンサーの大きな魅力です。また、ダンスが好きで好きでたまらないという人が多いのも、この仕事の特徴と言えるでしょう。

毎日が新鮮

ダンサーのもう一つの魅力は、毎日の生活が新鮮ということです。日々、身体の調子やコンディションは違いますし、自分の得意不得意に合わせてレッスンするポイントも変わります。

また、人間が作り出すステージは「生モノ」ですから、同じ作品でもまったく同じ内容になるということはありません。観客の反応も日によって変わります。このような中、毎日新たな気持ちで仕事に向き合うことができるのがダンサーです。

仕事体験談