ダンサーの就職先・活躍の場

所属するか?フリーランスか?

ダンサーの活躍の場は、踊るダンスのジャンルによっても異なりますが、その働き方としては、プロダクションなどに所属する人とフリーランスで活躍する人の2種類に分けられます。

プロダクションなどに所属する場合の例を挙げると、ダンサー事務所、芸能事務所、バレエ団、劇団、ダンス教室などがあり、これらの専属ダンサーとして働きます。

仕事はそれなりに安定していると言えますが、実力主義の世界であるため、専属ダンサーでもステージごとのオーディションに合格した人のみが出演できるということも少なくありません。

一方、フリーランスで活躍する人の場合、基本的に仕事は毎回自分で見つけてとってくる形となります。一般公開されているオーディション情報を見てオーディションを受けたり、人脈を生かして仕事を紹介してもらったりしながら働きます。

専属ダンサーより不安定な生活になりがちですが、自分次第で多種多様な作品に出演できる機会も増えるでしょう。

専属ダンサーを目指す場合

プロダクションなどに所属することを目指す場合、「どこで踊りたいか?」「何を踊りたいか?」によって、就職先は変わります。特定の劇団などが主催する作品で踊りたければ、そこの入団オーディションを受ける必要があるでしょう。

プロダクションに所属すると、仕事内容によって舞台、テレビ番組、映画、コンサート、イベントなど、さまざまな場で踊るチャンスがあります。また、テーマパークのショーで踊るダンサーの一部にも、プロダクション所属者がいるようです。

フリーで活動する場合

フリーで活動する人も、舞台やコンサート、イベントなどにおいて、自分の得意分野を生かして踊っていますが、一つだけの仕事で食べていくのは難しいため、さまざまな仕事をこなしている人が大半です。

ダンス教室やスタジオなどで、ダンス講師やインストラクターの仕事を兼業している人が多いと言われています。

仕事体験談