ダンサーになるための学校・スクール

専門学校

ダンサーを目指す人のための学校には、さまざまなものがあります。そのうちの一つが専門学校で、基本的に高校を卒業した人が入学できます。

ストリートダンス、モダンダンス、タップダンス、クラシックバレエなど多種多様なジャンルのダンスを学べる学校や、テーマパークやミュージカルなどのショー的な要素が強いダンスを中心に学べる学校など、各校で特色が異なります。

また、在学中にプロダクションのオーディションを受けられたり、就職サポートを積極的にしてくれるケースもあります。卒業生を多く輩出している学校の場合、プロダンサーとして活躍中の先輩の話を聞けるチャンスも設けられているようです。

ダンス教室、スクール

専門学校ではなく、街で見かけるダンス教室やスクールに通ってダンスレッスンを受ける人もいます。これらは、大学など一般の学校と両立して通うことも可能で、レッスン内容も自分のスタイルに応じて選びやすくなっています。

ただ、中には完全に趣味として通う人ばかりが集まる教室もあるため、プロダンサーを目指す場合、教室選びは特に慎重に行う必要があります。

海外のダンススクールで学ぶ

より豊かな表現力と技術の習得を目指してダンス留学をする人もいます。欧米では日本以上にダンスが栄えているため、一流ダンサーによる本場の指導を受けることで、さらなる飛躍を目指すチャンスを掴めるかもしれません。ブロードウェイがあるニューヨーク、ストリート系に強いロサンゼルスなどのダンススクールが、代表的な留学先となっています。

奨学金を得て留学できる可能性もありますが、一般的には日本で学ぶ以上に大きな費用がかかるほか、言葉や文化、思想の壁なども乗り越える必要があるため、相当な覚悟が求められます。

仕事体験談