ダンサーのトレーニング

ダンサーはトレーニングが命

ダンサーとトレーニングは切っても切り離せない関係です。どのようなジャンルのダンスを踊るにしても全身を大きく使って動くため、きちんとした身体づくりをすることが、技術や表現力の向上にもつながります。

また、ダンサーはスポーツ選手と同様、ケガの予防に努めることも大切です。一歩間違えれば骨折や靭帯の損傷といった大きなケガをしてしまう可能性もあり、そのような面でもトレーニングが欠かせないのです。

トレーニングの種類

ダンサーの動きには身体の軸がブレないことが求められ、下半身を鍛えるとともに、腸腰筋や内転筋といったインナーマッスルを鍛えることが大事と言われています。

さらに、柔軟性を高めるトレーニングも必須です。プロのダンサーは、レッスン前後やお風呂上がりのストレッチなどを欠かさず行っています。柔軟な身体は見た目の美しさがアップするだけでなく、ケガの予防にも効果があります。

このようなトレーニングに関しては、本やインターネットでも手軽に情報を入手できますが、間違ったやり方を続けると逆効果となってしまう可能性もあります。

また、ダンサーの場合、見た目の美しさを保ちながら鍛えていく必要もあるため、一度はプロのアドバイスを受けることをオススメします。

踊った後のケアも大切

また、筋肉などを鍛えるトレーニングだけでなく、動かした後のケアも大切です。アイシングをしてクールダウンさせたり、マッサージを受けたりなど、しっかりとケアをする必要があります。

1回1回のステージが勝負となるダンサーは、自分で自分の身体に気を遣い、常にベストなコンディションを保つことも重要です。

仕事体験談