バックダンサーになるには

まずはレッスンを受ける

バックダンサーに特別な資格や学歴は求められません。しかし、プロとして踊っていく以上、きちんとした技術を身につけ表現力を磨かなければ、競争の厳しい世界で生き残っていくのは難しいでしょう。

そのため、まずはダンスの専門学校やダンス教室、スクールなどで学び、ダンスの基礎知識と技術を身につけることがバックダンサーへの第一歩です。バックダンサーを目指す場合、ダンスの各ジャンルを総合的に学べる学校に通うか、ダンスの基本となるバレエを習う人も多いようです。

もちろん、学校で教わるだけでなく、日々自分でトレーニングをしたり、多くのダンスを見て表現力を高める努力も欠かせません。

仕事を見つける方法

一通りの技術を身につけた後は、ダンサー専門や芸能関連のプロダクションに所属するか、フリーランスで活動することになります。

プロダクションでは仕事を紹介してくれることもありますが、経験の浅いうちは都度オーディションを受けて、多くのライバルの中から合格をつかみ取らなければなりません。

またこの業界では、人脈も非常に大事だと言われています。コツコツと積み上げた実績と人脈によって、予期せぬタイミングで大きな仕事を紹介してもらえることもあるようです。

バックダンサーに求められるもの

バックダンサーは、あくまでも歌手などを引き立てるためにバックで踊るのが仕事です。そのため、主役より目立つことは許されませんが、それでも常に「人に魅せる」ことを意識しなければなりません。

また、複数人で一緒に同じ踊りを踊ることが多いため、集団の中でコミュニケーションをとり、息の合った踊りをすることも大切です。もし自分一人の動きがズレていれば、それだけでステージの魅力は半減していまいます。

バックダンサーとはいえ、個々のダンサーの動きがとても重要な意味を持つのです。

仕事体験談