大工の仕事内容、役割

基本はやっぱり現場仕事 大工は主に、建築現場で木を使って骨組みをつくったり、外壁や屋根の下地や、床・壁・天井の下地を作る仕事です。 木造建築物でいえば、コンクリート基礎や屋根・外壁・内装の仕上げ以外のすべてにたずさわると … 続きを読む

大工の種類

大工といってもたくさんの種類がある 大工とは、おもに木造の建築物の新築や増築、リフォームなどを行う職人のことをいいますが、実はその中でもいろいろと種類があります。 現代の大工についていえば、 ・寺社仏閣を作る「宮大工」 … 続きを読む

棟梁の仕事、役割

現場を統率するリーダー 棟梁の役割は、現場を統率するリーダーです。平たく言えば、チーフやマネージャーといった役割です。 特に、建方(骨組みを1〜2日でいっぺんに組み上げる作業)は、綿密な段取りと手際のよい現場さばき、指示 … 続きを読む

造作大工の仕事

一般的な大工は造作大工でもある 大工というと、一般には木造の建物を骨組みから仕上げる一歩手前までやる「町大工」が一般的ですが、この町大工は「造作大工」も兼ねている人が多いです。 「造作」とはその名のとおり物を作ることをい … 続きを読む

型枠大工の仕事

鉄筋コンクリートの型をつくる 型枠大工の仕事は、一般的な大工と異なって木造建築物をあつかう仕事ではありません。 鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートといった大規模な建物や工作物における、コンクリートを流し込む「型」をつ … 続きを読む

大工のやりがい、魅力

形の残る仕事 大工の中でもとくに多い木造住宅の大工は、建築士や工務店が書いた設計図をもとに、骨組みから仕上げの一歩手前までを一貫してやることがほとんどです。 具体的には、基礎工事が終わった段階から、重機を入れて鳶職人など … 続きを読む

大工のつらいこと、大変なこと、苦労

危険が多い 大工の仕事で何よりもまず大変なのは、危険が多いということでしょう。 屋根や足場などの高所作業や、機械・工具による切断作業などの非常に危険が伴う作業が多いです。 そのため、一般的には生命保険などの保険料が上がる … 続きを読む

大工の現状と将来性

変わりつつある現状 大工の世界は、いまだにアナログでいわゆる3Kの要素をもっている部分があるものの、この現状は変わりつつあります。 というのは、人手不足、とくに次世代を担う若者の大工が激減しているからです。 さすがに危機 … 続きを読む

大工の一日

大工の一日の流れ 7:30 工務店到着・材料加工・出発 到着したら、その日の作業に必要な材料を加工します。その後、人員が揃ったら社用車で現場に向かいます。 現地集合の場合もありますが、材料の加工や荷物の積み込み等も兼ね、 … 続きを読む

大工の道具

道具箱の気になる中身 大工は現場に持ち運ぶ道具を収納する木箱を持って現場に出向きます。 中には金属製やプラスチック製のものもあり、布製の道具袋を使用している人もいますが中身は大体同じです。 この大工道具箱はホームセンター … 続きを読む