大工の現状と将来性

変わりつつある現状

大工の世界は、いまだにアナログでいわゆる3Kの要素をもっている部分があるものの、この現状は変わりつつあります。

というのは、人手不足、とくに次世代を担う若者の大工が激減しているからです。

さすがに危機感を抱き始めている業界全体や、一部の会社では積極的に待遇の改善や福利厚生の充実を行っています。

まだまだ発展途上ですが、就労環境の改善が図られてきつつあります。

仕事自体もアナログ一辺倒ではなく、大工自らがCAD(製図用のソフトウェア)を用いて図面を書いたり、ワードやエクセルで日報や作業手順書、工程表を書いたりすることも増えてきているようです。

そのため、新卒や未経験で大工になっても、CADが使えたり、PCで仕事を処理できるような人材であれば、今までのようにただ現場で力仕事をするだけではなくなってきます。

少なからず、CADやPCに関しては頼りにされることになるのです。

元々大工は、職人やガテン系の中でも頭を使うことが多い職種ですので、このような変革はなじみやすいのでしょう。

仕事の質も変わってきている

建築の中でもとくに住宅は、以前は質より量でありましたが、近年になって質を求められるようになり、最近では個性やプラスアルファが求められる時代になりました。

近代化による工業製品化で大工の仕事が激減するといわれていた時期もありましたが、ふたを開けてみれば逆で、より手作り感のあるものが好まれたりもしています。

とくに、健康志向で自然素材を使うような住宅ですと、ごまかしが利かないので、大工の腕がもろに品質に反映されてきます。

自然の材木を加工して使うには、単に技術や知識・技能だけでなく、長年の経験や材木自体を見る眼が必要になってくるのです。

このように、付加価値のある大工は現在でも重宝されていますが、この傾向はまだまだ続くものと考えられます。

大工の将来性は?

「付加価値のある大工」は将来的にも安定して仕事をすることができるでしょう。

逆に、プレハブメーカー(大手住宅メーカーのほとんど)の機械的な組み立てをやっている大工は、あまり伸びは期待できません。

決まった規格のものを現場で組み立てるのは、語弊をおそれずに言えば「単純作業」に近いものであり、人によっては経験が浅くてもできるものだからです。

当然、このような仕事の日当(報酬)は厳しいものがありますので、数を多くこなす、つまり「薄利多売」状態になるわけです。

また、このような単純作業ばかりを続けていると、いつまでたっても材木を見る眼や、特殊な納まりを仕上げる造作技術がつかなく、大工本来の腕を磨けなくなってしまいます。

「大工」と一口に言っても色々なタイプがいますが、将来性があるのは大工本来の技能などで「付加価値」がある方になってくるといえるでしょう。