大工の種類

大工といってもたくさんの種類がある

大工とは、おもに木造の建築物の新築や増築、リフォームなどを行う職人のことをいいますが、実はその中でもいろいろと種類があります。

現代の大工についていえば、

・寺社仏閣を作る「宮大工」
・在来工法の木造家屋を作る「町大工」
・ツーバイフォーやプレハブ工法を扱う「ツーバーフォー大工・プレハブ大工」
・鉄筋コンクリートの型枠を専門に作って組み立てる「型枠大工」 →型枠大工の仕事
・建物の内部の造作を専門におこなう「造作大工」 →造作大工の仕事

に主に分類されます。

この中でもとくに宮大工や一部の町大工は、伝統的な技能を継承していて希少価値が高く、引く手あまたとなる場合もあります。

宮大工の仕事

建具や家具を作る職人も、建具大工や家具大工と呼ばれることもありますが、厳密には大工とは異なった職種といえます。

なお、「棟梁」は、大工の中でも現場の親方として他の大工を統率する立場にある者をいいます。

棟梁になりますと、仕事内容もより高度になり、それに伴って待遇も良くなります。

もっとも待遇のよい大工の種類は?

先にも書きましたが、飛び抜けて待遇が良いのは「宮大工」です。

宮大工は寺社仏閣をつくったり、補修や修繕を行う専門の大工ですが、釘等を用いません。木の組み立て方を工夫して、強度を持たせたり見栄えをよく仕上げたりします。

また、組んだ木組みがそのまま見えるようになりますので、繊細な仕事が求められます。

これらの木組みはある程度「型」が存在しますが、これをきれいに形にするとなると、かなりの腕が要求されます。

また、取付けたり組んだりする材木を頭の中でイメージするばかりか、詳細に計算して組む前の形をつくる必要があるので、頭脳も必要になります。

このように、高度な知識と技術・技能が必要とされるのが、宮大工なのです。

ちなみに、寺社仏閣の建築はそう多くはないので、全国を津々浦々と駆け巡ることが多いです。

なお、一般的な町大工や造作大工でも、知識や技術・技能があって、富裕層向けに仕事をされている方でしたら、宮大工にも負けず劣らずの待遇となることもあります。

いずれにしても、これらの棟梁クラスは年収1000万円超えの方もおり、少し隠れた高給職種といえます。