大工の勤務時間・休日

大工の勤務時間は?

大工の勤務時間は、現場ベースでいうと午前8時には現場に入って仕事をし、片づけを含めると午後6時くらいまで現場に拘束されることになります。

その間、午前10時に15分程度、お昼に1時間程度、午後3時にまた15分程度、休憩があります。

ちなみに、午前8時に現場に入るということは、それより先に会社に行って支度をし、移動時間も見込む必要があります。

現場仕事が終わってからも、作業場で翌日の段取りをしたり、木材の加工をしたり、図面を作成したりもしますので、忙しいときは午後8時〜10時まで働くことも珍しくありません。

このように、忙しいときは時間的にもかなりハードな仕事といえます。

ただし、地域によっては天候が悪いと仕事をしない場合や、雪国ですと冬場は仕事が少ないので、そのような場合には時間を持て余すくらいになってしまいます。

大工の休日

忙しいときに関していえば、休みは日曜日のみというところがほとんどです。毎週土曜日や隔週でも土曜日休みということは、忙しい時期に限っていえば、まずないといえます。

特徴的なのは、普段の休みが少ない分、お盆や年末年始といった旧来の長いお休みを、しっかりと長めに休むというところです。

とくに年末年始は、年末から年明けの1月7日くらいまで10日間ほどしっかりと休むところが多いようです。

その代わり、近代的な連休であるゴールデンウィークは、暦どおりかそれ以下の休みしか取らない方が多いです。

そうはいっても、昨今の建設現場における安全管理の運用上、休日に事故や災害が起きると処理が厄介となることから、現場自体を止める場合があります。

そのような場合には、現場に入らずに、作業場で仕込みをしたり、図面を書いたりなどをしているようです。もちろん、それも進められるものがなければ、休みを取ります。

なお、仕事があまりないときはかなり休みが多くなります。週休3日となることもあるようです。

ただし、例えば日給月給制や日給制であれば、その分、給料も減ってしまうことになりますので、大工にとって休みが多いというのは決してよいことではありません。