大工の一日

大工の一日の流れ

7:30 工務店到着・材料加工・出発

到着したら、その日の作業に必要な材料を加工します。その後、人員が揃ったら社用車で現場に向かいます。

現地集合の場合もありますが、材料の加工や荷物の積み込み等も兼ね、一旦工務店に出勤することがほとんどです。

8:30 現場到着・打ち合わせ

到着したら、現場の状況を確認し、その日の作業内容を全員で確認してから仕事をはじめます。

作業前の清掃は確実に行い、整った環境で仕事をします。

9:00 作業開始

加工した材料を使って組み立て作業に入ります。

寸法や形状を微調整することもあるため、必要な道具は準備しておきます。

10:30 約20分の小休憩

集中力を持続させるため、お昼前に短い休憩を挟みます。

お茶を飲んだり、軽食を取ったりしてリラックスして過ごします。

12:00 昼休み

食事は15分程度の短時間で済ませ、残りの時間は昼寝に充てることが通常です。昼食は弁当を持参し、買出しに行ったりする手間を省く人が多いようです。

体力回復のため、社用車の中やベニア板の上などあらゆる場所で横になります。

13:00 午後の作業開始

リフレッシュした後は午前中の続きにとりかかります。時には施工主が様子を見に来ることも。

作業の進捗はすべての大工が把握しているため、説明もスムーズです。

15:00 約30分の小休憩

午前中同様、小休止をとります。これは集中力の持続のみならず、怪我の防止にも繋がる大切な時間。

午後は少し長めにとり、その日の作業の終着点を相談したりします。

17:00 作業終了・清掃・翌日準備

作業終了後は清掃を行い、翌日に備えます。

道具や材料が出しっぱなしになっているようなことがないように注意し、現場を整えてから退勤します。

休憩が多すぎる?

大工の一日は季節によって変わることもほとんどなく、適宜休憩をはさみながら流れていきます。

他職種の人からしたら、休憩が多すぎると感じるかもしれませんが、危険な工具を扱ったり、高所で作業したりする大工にとって長時間連続して作業を行うことは怪我や事故の原因になるため、小休止は必要不可欠。

その分、作業時間は高い集中力を持って仕事しています。現場からは私語が聞こえることはほとんどなく、ひたすら工具と機械の音が鳴り響く引き締まった空間であるといえます。

昼食を素早くとって残りの時間を昼寝に充てるのもこのような理由からです。

仕事のメリハリが命ともいえるのが大工という職業の特徴であるともいえるでしょう。

また休憩時には熱中症予防のため、水分と塩分の補給も欠かさず行われます。休憩時間に梅干しを頬張る姿は現場の日常風景であるようです。