大工の道具

道具箱の気になる中身

大工は現場に持ち運ぶ道具を収納する木箱を持って現場に出向きます。

中には金属製やプラスチック製のものもあり、布製の道具袋を使用している人もいますが中身は大体同じです。

この大工道具箱はホームセンター等で販売されているため、一般家庭でDIY道具を入れて使っている人も多くいます。

昔の大工はこの道具箱を自転車の荷台に積み、あらゆる現場に持ち歩いたといいます。

今では移動手段は車が主ですが、すべての肌身離さず道具箱を持ち歩いていることには変わりありません。

意外と数学的な能力が必要

大工が建造物を建築する上での最初の仕事は使用する木材の寸法を測ること。

このため、巻尺を始め、さしがねや定規など材質や形状の異なるさまざまな測るための道具が箱にはつまっています。

予め渡されている設計図に従い、正確に木材を測っていきます。

現場でも長さを測る機会は多く、大工が意外と数字を扱う職業であることに気付かされるでしょう。

組み立てといえば

大工といえばやはり金槌や玄翁(げんのう)といった釘を打ったり部材やのみなどの道具を叩く手道具を一番に想像するでしょう。

これらは用途によって大きさ、形状、素材もさまざまですが槌の頭が鉄製で柄は樫の木が使われた仕様の物が主流です。

金槌や玄翁は各々の好みがはっきりと出るため、人のものは使えない、と考える大工も多く、何十年も同じものを使っている人も少なくありません。

手入れは必須

木材加工に欠かせないのがのこぎり。中にはプラスチック、金属、ボード類専用のものもあります。

片刃のこぎり、両刃のこぎり、縦引き刃、横引き刃などさまざまな種類があり、現在では手入れのしやすい替え刃式が主流になっています。

のこぎりは錆びやすい道具なので使わない時は油紙やCRCを塗ったりなどの保護をしてのこぎり巻きなどに保存する必要があります。

また今では電動のチェーンソーを使用する機会も増えてきているようです。

木材を組み立てるために

木材同士を組み立てるためには、のみを使って木材に穴を掘ったり削ったりする作業が必要です。

また切り出した木材の表面はかんなを使って平らに削り、木目を生かして綺麗に仕上げます。

手入れ道具も立派な大工道具

のこぎりやのみ、かんななどを手入れするのに欠かせないのが砥石です。

刃物類は定期的に砥石を使って研磨しないと切れ味が悪くなり、作業に支障をきたします。

砥石に混合砥石、青砥、虎砥石、合わせセラミック砥石、キングデラックスなどの種類があります。

研磨する粒子も荒いものから

1.荒砥(あらと)
2.中砥(なかと、なかど、ちゅうど)
3.仕上げ砥(しあげと、しあげど)

に分けられます。

墨付けとは

墨付け(すみつけ)とは木材を加工する際の目印として墨で記号や線などのしるしをつけることをいいます。

墨付けの記号や線は基本的には日本全国統一されており、大工はこれをもとに木材を加工していきます。

この時使用する墨つぼと墨さしも大工にとって欠かせない道具の一つです。

線を引くのに使う墨つぼは内蔵された糸を使って長い直線を描くのを可能にしています。墨さしは記号や文字を書く道具です。