大学職員の残業、夏休み

大学職員は朝型が多い

1限の始まりは、多くの大学で9時ごろから。

学生なら時間ギリギリに滑り込んでも何も言われないかもしれませんが、管理・指導する側の大学職員は、それでは許されません。

始業時間は8時30分ごろからという大学が一般的ですが、職員は1本か2本早い電車に乗る、天気の悪い日は早めに出発するなどして時間に遅れない工夫をしています。

朝は早いですが、常勤職員でも8時間勤務が通常ですので、午後5時30分ごろには終業時間になります。

大学の授業は4限までに多くが集中していますが、もちろん5限や6限の授業も存在するので、担当教員の方々が遅くまで残っています。

それでも、先生方にきちんとあいさつすれば、帰りづらいという雰囲気はないようです。

履修のこと、大学生活のこと、就職のこと—、学生が相談に訪れるのも4限までに集中しますから、対応が長引いて遅くまで残るということはあまりありません。

なお、大学と言えば図書館で遅くまで調べものや勉強をすることがつきもの。

夜10時くらいまで開館している図書館もありますが、職員はシフト勤務ですから、8時半に出勤した人が夜遅くまで残業するような心配はありません。

社会人なのに長い夏休みがある大学職員

学校生活を思い出してみると、夏休みは1カ月以上あったという人が多いのではないでしょうか?

この長い夏休みが、大学職員の働き方の最大の特徴であるといえます。

私立大学はもちろん、国立大学も法人化されたので、勤務日については大学独自に定められています。

もちろん学生と一緒に1カ月休むというわけにはいきませんが、事務室が時短になったり、お盆前後に一斉休業があったりします。

常勤職員の場合は、有給休暇を夏休み時期に取得すれば、民間企業より長めの夏休みをとることが可能です。

非常勤職員の場合は、担当業務によって、夏休み中はずっと時短であったり、一斉休業期間が長かったりします。

子育て中の人は家庭との両立がしやすく、働きながら勉強をしている人なら長い休みを生かして集中的に勉強できますし、海外研修などにも行けるなどのメリットがあります。

ただし、大学は半期ごとに1科目あたり15回の授業を実施しなければならないと定められています。

夏休みによって授業回数が減るのをカバーするために、春には土曜・祝日に振替勤務があることも認識しておきましょう。