大学職員のつらいこと、大変なこと、苦労

学生や研究者の要望に応える大変さ

大学職員の仕事には、学生の相談に乗ったり、学生の要望を聞いたりすることも含まれます。

窓口を訪れる学生にはさまざまな考え方の人がいて、ときには大学に関するクレームをつけてきたり、部活動の予算のことや学祭のことに関して無茶な要望をしてきたりすることもあります。

社会に出たことのない大学生ばかりを相手にするだけに、ときには非常識な態度をとられることもあるようです。

また、研究者も、研究の設備の購入のことや研究室のスペース拡大についてのこと、予算のことなど、さまざまな要望をしてくる場合があります。

こういった学生や研究に対して真正面から向き合わなければいけないのが「裏方」である大学職員の役目です。

ときには腹の立つことや、大学との板挟みになることもありますが、根気強く向き合い続けることで双方が納得する解決の道をさぐることが大切なのです。

学生獲得のためのあの手この手を考案

近年では、少子化の影響や私立大学の乱立の影響を受けて、多くの大学が学生を集めるのに必死になっています。

こうした競争の激化を受けて、入試担当の大学職員は、受験生を獲得するために大変苦労をして知恵を絞っているのが現状です。

全国に赴いて説明会を開くのはもちろんのこと、地方からオープンキャンパスに来てくれる高校生のために宿泊費を負担したりバスを出したり、というサービスをすることも珍しくありません。

また、文房具などの大学限定のオリジナルグッズをお土産につけるようなケースもあるようです。

今はもう、待っているだけで学生が来る時代ではありません。大学職員となるからには、学生獲得のために必死に努力をすることが求められます。

モンスターペアレントはいる?

小中学校を中心に社会問題化している「モンスターペアレント」ですが、大学にも存在するのか、気になるところかもしれません。

実態としては、小中学校に見られるような理不尽な要求は、大学にはあまり波及していないようです。

小中学校の場合は、1人の担任教師が、授業の実施から成績の記録と評価、生徒の生活指導、保護者からの問い合わせ対応まですべての責任を負わなければなりません。

一方、大学の場合は教員が責任を持つのは授業の実施や成績評価、その他は担当の事務職員がそれぞれサポートするというように、分業が確立されています。

一事務職員が、保護者の前面に立ってすべての説明責任を負わされるというケースは考えにくいため、メンタル的なリスクは少ないといえるでしょう。