大学職員の1日

大学職員のタイムスケジュール

大学職員の代表的な仕事は、構内での事務作業です。大学内で働く職員は、授業の開講時間に合わせて8時半~18時頃に働くのが一般的です。

担当する仕事によって異なりますが、一日の流れの例はこのようになります。

8:30 出勤、パソコンのメールチェック
9:00 オープンキャンパスに関する資料集め
12:00 昼食休憩
13:00 今年度の入試に関する打ち合わせ
16:00 書類の作成等
18:00 退社

打ち合わせや資料作成が主な仕事

朝、出勤したらまずはパソコンのメールをチェックします。それから、自分が担当している業務に関する資料を集めたり情報収集をしたりします。

大学のなかでも特に大きなイベントとなるのが、入学試験です。

春先頃から高校生向けの説明会が始まり、夏休みにはオープンキャンパス、秋口には推薦入試の準備、冬には願書の配布や一般試験の実施と、一年を通して常に入試に向けての準備があります。

大学職員はこのような一大イベントを無事に成功させるために、年中を通してさまざまな打ち合わせや資料作成をしているのです。

キャンパス間の移動をするケースも

規模の大きい大学では、文系と理系でキャンパスが分かれていたり、低学年と高学年でキャンパスが分かれていたりするケースがあります。

また、「医学部」や「芸術学部」のような特殊な学部のみ、別のキャンパスで授業をしていることもあります。

こうした大学に勤める職員の場合は、勤務中にキャンパスを移動して打ち合わせや事務作業をこなすこともあるようです。

ただし、基本的にはキャンパスは同じ都道府県内や市内に設置されていることが多いので、30分~1時間ほどの移動で済むケースが一般的です。