大学職員と専門学校職員との違い

大学と専門学校の最大の違いは「営業重視度」

専門学校においては「学生募集・営業」の職種が重視されます。

学生募集・営業の職務は、来校する高校生・大学生・社会人に対して、受講相談や学校を訪問しての進路相談、体験入学イベントを行い、新規入学者・受講生獲得をめざすことです。

大学にも入試広報の部門はありますが、大学案内やパンフレット、Webサイト、新聞・雑誌、大学によってはテレビコマーシャルなど、多くは「広告」の手法で学生募集を実施しています。

大学でも高校訪問はありますが、パンフレットの配布など広報活動が多いのに対し、専門学校の高校訪問は高校との信頼関係を築き、高校から生徒を送り出してもらうところまで継続的にサポートする営業色が強いものが多い傾向があります。

高校だけでなく、大学生協や書店などでのプロモーション活動もあり、自ら大学内でパンフレットを手配りするなど地道な営業活動もあります。

大学と専門学校には同じような学科があるけれど—

大学は知識重視、専門学校は技術重視が原則ですが、最近では実習などの実学教育を重視する大学や、大学と編入学協定を交わす専門学校が増えてきました。

大学が全入時代を迎えたことを背景に、専門学校と大学との連携・接続が進んできています。

実際、大学に行っても専門学校に行っても同じように卒業後に取得できる(受験資格が得られる)資格も多くあります。

たとえば医療・福祉系学科では、同じ資格を取るにも、大学では理論、専門学校では実習の比重が高かったものが、最近では臨床実習の充実をはかる大学が増えてきました。

それに伴い、教員の増員はもちろん、実習助手や教務事務などの職員のポストも増えています。

ほかにも、経営学部のように会計やITなどの実務者養成を行う学部でも、演習・実習系科目の増加が見られます。

演習・実習系科目には実務経験の豊富な人が必要なので、研究実績などを問わず、社会人採用が活発に行われています。

大学と専門学校などとの資格指導の違い

TOEICテスト、簿記検定、秘書検定などのビジネス系資格は、大学でも専門学校でも団体受験を行うなど、受験を推奨しています。

ただし、大学の場合は大学生協やキャリアセンターが受験受付の窓口になっているケースが多くあります。

キャリアセンターの職員であれば、志望する業種別に新入社員に求められるTOEICスコアのデータなどを調査し、いつまでに何点取りましょうと、学生の目標設定をサポートするカウンセリングが主体になります。

大学でもTOEICテスト対策セミナーが数多く開催されていますが、学生が独学することを前提に、勉強法を紹介するような内容も多いようです。

そのようなケースでは、職員が受講管理やカリキュラムの編集・配布などを行う必要はなく、学習相談業務なども含めて外部の会社に任せてしまうことがあるのです。

一方、専門学校や各種スクールは資格試験の平均点や合格率を売りにしています。

専門学校の英語専攻学科では、受け持ちの学生がTOEICスコアを200点、300点上昇させるのは当たり前と語っている講師もいらっしゃいました。

資格対策授業の効果は講師力と相関性があるので、独自のノウハウを持ち、しかも学生を飽きさせない、まるで予備校のカリスマ講師のような先生が増えると有利になります。

職員の役割は、そのような力量を持った先生を採用するとともに、売れっ子になった人が他校に流出してしまわないよう、勤務量や待遇が先生の納得のいくものになっているか、マネジメントすることも重要になってきます。

近年、大学職員が積極的に取り組んでいるのが、他大学、短大、専門学校などが独自に持っている科目を学生に履修させて、その学習成果も卒業に必要な単位として認めようという「単位互換」の動きです。

大学職員も、専門学校などの職員と積極的に情報交換をして、優れた学校とは連携を図っていく姿勢が、ますます大切になってくるといえるでしょう。