アルバイト、非常勤の大学職員

多岐にわたる非常勤職員、総務・経理から教える仕事まで

大学では、アルバイトやパートタイムの大学職員のことを非常勤職員と呼んでいます。

大学には一般企業と変わらない総務・経理・人事などの部署があり、時短や曜日限定で働く事務系非常勤職員も数多く働いています。

また、研究室では教授の秘書業務もあれば、ファイリングやデータ入力、物品管理などを行う事務もあります。

このような事務系職種は、大学職員でも一般企業でも求めるスキルや採用方法に差があるわけではなく、求人もハローワークや一般の求人広告などによって行われています。

一方、大学ならではのものとして教育・研究系非常勤職員の職種があります。

たとえば研究補助員、教育補助員のように、正規雇用ではないものの教育・研究業務に関与する職種です。

求人は大学のホームページを通じて公募されることが一般的で、その情報が専門誌や独立行政法人の研究人材ポータルサイト「JREC-IN Portal」、民間のポータルサイトなどに掲載されることで周知されます。

公募のほかに、教授からの推薦や、学部生・院生が可能なアルバイトであれば学内で募集・選考されることもあります。

非常勤職員のメリット

非常勤職員には、裁量労働制であったり勤務日が選べたりと、時間の自由が利きやすいというメリットがあります。

また、常勤職員の場合、副業禁止や届出制になっていることが一般的ですが、非常勤の場合は条件が緩和されていることが多いです(大学ごとに条件は異なります)。

そのメリットを生かし、学外の仕事でも活躍している人がたくさんいます。

民間企業やスクール等での研修講師と兼任している人や、実用書などを執筆している人、専門分野のコンサルタントをする人など、さまざまです。

非常勤というと「非正規=正規職員になりたくてもなれない人」というイメージが先行しがちですが、このように独立志向が旺盛な人も、もちろんいます。

ただし、大学で働くというネームバリューだけで続く仕事ではなく、とくに学生と一対一で話す機会も多い職員の場合は決して「上から目線」であってはならず、面倒見のよさや根気よさが必要です。

他の仕事の引き合いも多い売れっ子でも大学職員を続けている人は、社会に出る前に純粋な気持ちで夢や希望を追っている「大学生」と接するのが好きという人が多いようです。

非常勤職員とワーク・ライフ・バランス

京都大学の調査によると、非常勤職員の平均年齢は41.3歳、結婚している人は約半数(2012年現在)という結果でした。

結婚・出産や留学などによっても、ブランクの空いた人が職場復帰のファーストステップにするケースが見受けられます。

非常勤職員から常勤職員・正規職員への登用をめざす人は、研究室ではなく事務室での勤務を選んだほうが有利だといわれています。

一方、研究室での勤務を希望する人は、たとえば理系の大学を卒業した人や、専門性の高いスキルを持っている一方、現在は家庭を持っていたり子供がいたりという人たちです。

一般的なパートタイム求人だと仕事内容が物足りないなどマッチングせず、また、高学歴であることから職場で敬遠され、人間関係がうまく行かないケースもあるためです。

このようにスキルがあってパートタイムの仕事を希望する人は、研究補佐、実験補助、技術補助、データ解析、教授の秘書、論文編集補助、翻訳など、専門性を生かせる職種を選んでいます。

なお、国立大学の多くが、非常勤職員は更新を続けても最大5年を超えないという上限を設けています。

長く勤めたい人にとっては、派遣の更新上限よりも長く働けるけれど、5年経つと新しい職場を探す必要があることを認識しておかなければなりません。