クレジットカード会社の仕事、業務内容

クレジットカード会社の主な仕事

近年、インターネットショッピングを利用する人や公共料金のオンライン決済を利用する人が増えていくなかで、欠かせないものとなってきたのが「クレジットカード」です。

現金払いや銀行口座を経由した引き落としに比べると迅速かつ簡単に手続きができることから、最近では老若男女問わず日常的にクレジットカードを利用する人が急増しています。

こうしたクレジットカードの利用を支えるために働いているのがクレジットカードの社員であり、クレジットカード会社では、顧客がカードを「安全に」「便利に」使えるよう、さまざまな業務を行っています。

それでは、その業務の内容を見てみましょう。

「イシュアー業務」とは

まず、クレジットカード会社の仕事のなかでも柱となるのは「イシュアー業務」です。

これは、「VISA」「Master Card」「JCB」などの国際ブランドからライセンスを取得し、消費者に対してクレジットカードを発行する業務のことを指します。

具体的な業務内容としては、法人や個人向けに自社のカードを作成してもらうよう営業活動をしたり、自社のカードの知名度をあげるためのキャンペーンを行ったりして、一人でも多くの顧客を増やすために働きかけます。

発行したカードを支払いやキャッシングの場面で顧客に活用してもらうことは、カード会社が利益を得るための最も重要な基盤ともいえるでしょう。

「アクワイアラー業務」とは

クレジットカードの利用者を増やすうえで重要なポイントとなるのは、そのカードを選択することのメリットの大きさです。

たとえば、カードを利用することができる店舗の数が非常に多いとか、カードを利用するとポイントが還元されるなどの付加価値の高いサービスが受けられることは、他社のカードとの差異化を図る上で大きなカギとなります。

こうしたサービスの拡充を図るために加盟店の開拓や管理を行うことをアクワイアラー業務といいます。

「イシュアー業務」と「アクワイアラー業務」は自社の営業部や企画開発部で行っていることもありますが、企業によっては一方の業務を外部委託していることもあります。

「セキュリティー業務」とは

クレジットカードの利用者にとって最も怖いのは、不正利用や盗難など犯罪に巻き込まれることでしょう。

海外旅行中に盗まれたカードでキャッシングをされてしまったり、身に覚えのない高額な買い物をされてしまったりする可能性は決してゼロではないのです。

こうした犯罪を防ぐために重要なのがセキュリティー業務です。

決済のシステムを構築する技術者や法律に精通している法務部スタッフなど専門性の高い知識を持つ社員が連携しながら、偽造クレジットカードや不正利用に関する情報を収集し、顧客にトラブルが及ぶことを防止します。

この他にも、クレジットカード会社にはさまざまな業務があり、クレジットカードに関する質問や苦情に答える「顧客サービス部」や顧客の信用を調査する「信用調査部」、返済の催促をする「債権管理部」などがあります。