クレジットカード会社の種類

「銀行系」のカードとは

クレジットカードには、数多くの種類があり、業務内容や規模の違うさまざまな会社がカードを発行しています。

ここではその種類と特徴を説明しましょう。

まず、クレジットカードの定番のひとつともいえるのが、「銀行系」といわれるクレジットカードです。

銀行口座を開設する際に窓口で入会をすすめられることも多く、キャッシュカードとクレジットカードが一体型となっていることから財布に入れておきやすいという利便性があります。

メインバンクとして利用する銀行で作ったクレジットカードをメインカードとしている人も多く、昔から銀行系のカードは高い人気を誇ります。

三井住友カード(株)や三菱UFJニコス(株)などが、こうした銀行系カードの会社としては有名です。

「信販系」のカードとは

銀行系と同じくらいの定番で、クレジットカードのなかでも特に歴史が古いのは、「信販系」のクレジットカードです。

これは信販会社が発行しているカードのことで、オリコカードで知られる(株)オリエントコーポレーションやジャックスカードで有名な(株)ジャックスが信販系のカードの会社になります。

「流通系」と「交通・航空系」

銀行系や信販系などの定番のクレジットカードに比べると最近になって一気に人気が高まってきたのが、「流通系」や「交通・航空系」のカードです。

流通系というのは、スーパーや百貨店などが発行しているカードで、イオンフィナンシャルグループ(株)のイオンカード、(株)セブン・カードサービスのセブンカードなどが有名です。

主婦にとっては日常的に利用する店舗のカードを使うことでポイントを貯めることができるというメリットもあり、人気の一因となっているようです。

また、交通・航空系のカードというのは、鉄道会社や航空会社が発行しているカードのことです。

JR東日本が株主である(株)ビューカードのVIEW CARD、(株)JALカードのJALカードなどは利用している人も多いでしょう。

出張や旅行で鉄道や飛行機に乗る機会が多い人は、このようなカードをメインカードにしていることがあります。

流通系・交通系・航空系のカードは、企業がカード発行専門の子会社を作っていたり、他の企業と提携してカード業務を委託していたりします。