クレジットカード会社に特有の職種

クレジットカード会社の信用調査部

クレジットカード会社にはさまざまな職種がありますが、なかでも特有の職種といえるのが、信用調査部でしょう。

これは、その名の通り顧客の信用に関して調査をする部署です。

企業によって「審査部」「与信調査部」など名称は違いますが、基本的な役割と業務は同じです。

クレジットカードというのは、後払いを可能にするシステムであり、いうなれば会社としては顧客の借金を背負っていることになります。

そのため、カードに入会する際には「職業」「年収」「年齢」に加え「過去の事故歴(返済遅延)」などをしっかりチェックし、信用できると判断された人だけが入会を許可されます。

こうしたチェック業務を管理しているのが信用調査部で、顧客の信用情報自体は外部の信用情報機関を通して収集するのが一般的です。

調査はカード入会時だけに限らず、入会後に不審な動きをしている顧客もリスト化されてチェックされることになります。

たとえば、本人の返済能力を超えるような高額なショッピングを続けている場合や、キャッシングの回数が急に増えた場合、短期間のなかで転職や引越しを繰り返すなど生活に著しい変化が見られた場合、返済遅延や不正利用につながらないように目を光らせることになります。

こうした調査のなかで疑いの目を向けられると、カードの更新や限度額アップの申請の際に影響が出ることもあるようです。

クレジットカード会社の債券管理部

クレジットカード会社のなかでも特にシビアな世界と向き合わなければいけないのが、債券管理部でしょう。

企業によって「債券部」「債権回収部」などの名称となっており、その名の通り返済の滞っている顧客からお金を回収する業務を担当しています。

顧客とのやり取りだけで問題が解決できる場合はよいのですが、電話や督促状を無視される状況が続けば、裁判所を通して訴状を送ったり、給料差し押さえのための手続きに踏み切ったりしなければいけません。

もしくは、これ以上の対応は難しいと判断した場合、債権回収を専門とする専門業者にその後の対応を委託することになります。

いずれにしても、顧客から感謝されたり喜ばれたりする仕事ではないので、精神的にもストレスが多い仕事ともいえるでしょう。

しかし、この債権管理ができなければクレジットカード会社は収益を確保することはできません。

会社の中でも非常に重要なポジションといえます。