クレジットカード会社と信販会社の違い

信販会社の業務内容

クレジットカード会社と業務内容が非常によく似ている会社として、信販会社があります。

このふたつの会社はよく混同されることがありますが、実際の業務内容は少し異なります。

まず、クレジットカード会社というのは、その名の通りクレジットカードを発行している会社のことを指します。

クレジットカードを利用したショッピングやキャッシングなどに関する業務を担当しており、基本的にそれ以外のローンなどは取り扱っていません。

これに対して、信販会社というのは、「販売信用」に関する業務を全般的に行っており、割賦販売法という法律にもとづき経済産業省に登録されている企業のことを指します。

信販会社の業務にもクレジットカードを発行することは含まれていますが、どちらかというと、それ以外のショッピングクレジットやローンなどの信販業がメインとなり、消費者金融と提携していることもあります。

信販会社の代表格

信販会社の歴史は古く、1951年に日本信用販売株式会社(日本信販)が設立されたことが、その歴史のはじまりだといわれています。

この日本信販は、現在では三菱UFJフィナンシャルグループの傘下に入っています。

近年、日本でよく知られている大手信販会社としては、(株)ジャックスや(株)オリエントコーポレーション、(株)アプラス、(株)セディナなどがあります。

さらに地方にも、それぞれの地域を基盤とした信販会社があり、京都信販(株)、山陰信販(株)、九州日本信販(株)などがあります。

大手信販会社の場合は自社の名前がついた信販系クレジットカードの発行枚数も多いため、世間からクレジットカード会社として認識されることもありますが、分類としては信販会社になります。

ただし、近年では各社の事業の多様化からこうした線引きが非常に曖昧になってきているため、クレジットカード会社と信販会社の違いを明確に理解している人はそれほど多くはないという現状があるようです。