治験コーディネーターに向いている人、適性

最も必要なのはコミュニケーション能力

治験とは、実際に患者さんに参加してもらい、薬の安全性、効果、使用方法について確認するもので、患者さん、医療従事者、製薬企業の関係者など、多くの人々が関与します。

そのため治験がスムーズに進むように調整することが必要となり、そうした役割を担うのが治験コーディネーター(CRC)です。

CRCの業務には幅広い内容が含まれますが、最も特徴的なのは治験に参加する患者さんと実際に接する点です。

患者さんの治験スケジュールや診察予約を調整したり、検査や診察に同席し、服薬状況を確認、会計をサポートしたりと、細やかにケアします。

また全体の調整においては、治験に参加している医療関係者から信頼を得ることも不可欠です。そのため、CRCに最も求められる資質はコミュニケーション能力といえます。

事務仕事や整理整頓の能力も

治験では多くの情報が取り扱われるため、必要とされる文書の量もかなりのボリュームとなります。そのなかには、CRCが作成するものも少なくありません。

たとえば、治験の関係者とのミーティングで使用する資料、治験参加者向けのスケジュール表や日誌などが代表的なものです。

治験データを記載する症例報告書は医師が作成しますが、医学的判断を伴わない部分はCRCが作成を担当し、医師をサポートします。

これらの文書はどれも重要なものですので、量が多くてもきちんと整理して保管しなければなりません。整理整頓する能力もCRCに重要なスキルのひとつです。

また文書だけでなく、頭のなかで情報を整理し、分かりやすいようにまとめるという意味での整理力も必要です。

CRCは多くの人の間に立って調整を行いますので、他の人に向けて分かりやすく情報を伝える能力が求められます。