治験コーディネーターの給料・年収

未経験者は300~400万円、経験者は400~500万円からスタート

治験コーディネーター(CRC)は、近年、需要や注目の高まっている職業ですが、特殊で人数も少ない職種であるため、その待遇や給与はイメージされにくいという面があるようです。

CRCの年収は、他の職業と同じようにさまざまな条件によって左右されますが、未経験者の場合は年齢、これまでの経験、資格、勤務地、家族構成、企業の規模などによって異なり、300~400万円が提示されることが多いようです。

また応募する企業や勤務地によって、50万円ほどの差が生じることもあります。

また前職によっても金額が異なります。

最も高額なのは薬剤師で、それに看護師、臨床検査技師、准看護師と管理栄養士が続きます。

CRC経験者での提示額は400~500万円が最も多く、管理職の経験があれば、さらに上の年収が提示されることもあります。

経験年数や経験プロジェクト数、担当分野、契約数、部下の指導などの実績によって決定されますので、うまくアピールすることが重要です。

ベテランになると年収が1000万円以上になることも

スタート時は前職や経験、スキルによって年収が決められますが、入社して数年経つとそうした差はほとんどなくなり、立場や役職、部下の有無などによって評価されるようになります。

ベテランのCRCになり、治験業務全体を自分一人だけで進められるようになると、年収が1000万円以上になることもあるようです。

また能力以外に年収が決まる要因として、勤務地があげられます。

一般に東京などの大都市圏では給与が高く、地方都市では低くなる傾向があり、同じスキルや経験をもっていてもかなりの差がつくこともあります。

病院か企業か、所属先により待遇が異なる

CRCには病院などの医療機関に直接雇用される院内CRCと、治験施設支援機関(SMO)などの民間企業に所属して医療機関に派遣されるCRCに大別されます。

いずれに所属するかにより、同じCRCでも待遇や条件が異なる可能性があります。

院内CRCの場合、ほぼ日勤のみで有給休暇などが取得しやすいようです。施設の規模によっては仕事量が多くなりますが、その量や内容によっては手当が支給されることもあるようです。

一方、SMOなどの企業に所属する場合は、残業や出張が発生することもしばしばです。

またCRCとしての業務以外に、営業活動や雑用などが求められるケースもあります。