治験コーディネーターになるには

特別な資格は不要、ただし医療系資格の保持者を歓迎

治験コーディネータ(CRC)として働くには、医療機関に直接雇用される院内CRCと、治験施設支援機関(SMO)に所属して医療機関へ派遣されるパターンの2つがあります。

SMOは、医療機関からの依頼により、医療機関での治験業務を支援する民間企業です。

このうち院内CRCは、医療機関に看護師や薬剤師、臨床検査技師などとして所属している方が部署異動によりCRCの業務を行う場合が多く、求人数は限られています。

そのため、もともと医療機関に所属していない方がCRCとして活躍するには、SMOに所属することが一般的です。

CRCになるために特別な資格は必要ありませんが、業務のなかで医学および薬学、医療機関のシステムに関する知識が必要とされるため、看護師、薬剤師、臨床検査技師など医療系資格を保持している方が歓迎される傾向にあります。

最も多いのは看護師から治験コーディネーターになるパターン

現在活躍するCRCのうち、約半数が看護師資格の保持者ともいわれています。

CRCには患者さんとのコミュニケーション能力が非常に重要ですが、そうした観点から看護師の経験者はCRCに向いているとされます。

また薬剤師の場合は、薬剤の知識が豊富なため新薬や治験の理解が早いと考えられ、治験を実施する医療機関の薬剤部との調整業務にも強みがあると期待されています。

検査値の知識がある臨床検査技師は、検査結果の変動や異常を速やかに医師へ報告できることから、CRCに適任と考えられています。

新卒者に求められる条件

上記のようにCRCの求人は中途採用が中心ですが、新卒でCRCになるケースもあります。

最近では治験数の増加による人手不足から、SMOを中心に新卒者の求人数も増えているようです。

求人に関しては、薬学部や理学部、保健学部、医療系学部の卒業見込みが条件としてあげられることがほとんどです。

薬学部の出身で薬剤師の資格を持っている場合は、とくに歓迎される傾向にあります。

新卒者の場合、CRCとして活躍するには、中途採用者に比べてより多くのことを修得する必要があります。

そのため、企業によりますが、入社後は社内での導入研修と医療機関での実地研修が行われ、知識やスキルが十分に修得できるようになっています。

本当に求められるのはコミュニケーション能力

CRCの業務において、医療の知識は必要不可欠です。

しかしCRCの役割は、治験を実施する医療機関、治験に参加する患者さん、治験を依頼する製薬企業の間に立って、治験がスムーズに進行するよう調整することです。

またCRCは、実際に治験に参加する患者さんと直接に接触します。

スケジュール調整や検査・診察への同席、服薬状況の確認、会計のサポートなど、密接なやりとりが必要とされます。

そのため、CRCに本当に求められているのはコミュニケーション能力といえるでしょう。

医学的知識に加え、薬学の知識、法的な知識も必要とされますが、患者さんからの信頼が得られなければ治験はうまく進まないため、患者さんを気遣いながら治験を進めていくための能力が必要とされます。