治験コーディネーターの未経験採用は?

未経験者もOK、ただし条件あり

治験がスムーズに進行するよう調整役としてサポートするのが治験コーディネーター(CRC)です。

日本では新薬が数多く開発されており、治験の実施数も年々増加しているため、CRCの需要も高まってきています。

CRCには、病院などの医療機関に所属する院内CRCと、医療機関の治験業務を支援する民間企業、治験施設支援機関(SMO)に所属して医療機関に派遣される場合の、2つのケースがあります。

院内CRCの求人は限られているため、現時点ではCRCとして働くのであればSMOに所属するのが一般的です。

SMOはいわば治験におけるアウトソーシングで、近年誕生した比較的新しい業態です。またアウトソーシング自体が成長途中にあることもあり、SMOでのCRCの求人は増加傾向にあります。

CRCになるには特別な資格は不要とされていますが、現在活躍するCRCのほとんどが、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療系資格の保持者です。

また求人においても、こうした資格を持っていることや、病院などでの臨床経験が条件とされていることも少なくありません。

臨床経験があると有利

治験には、治験に参加する患者さんのほか、治験施設の医師や看護師などの医療関係者、治験を依頼する製薬企業の関係者など、多くのさまざまな職種の人が関わります。

CRCはそれぞれの間に立って調整し、全体のコーディネートを行います。

つまり、医療に携わる人とコミュニケーションを取りながら、業務を進めることになります。そのため、実際の臨床経験があるほうが、関係者からの信頼を得られやすく、スムーズに活動できる可能性があります。

CRCの求人条件に医療系資格の保持があげられているのには、こうした背景があります。

医療系の資格や臨床経験がない方がCRCを目指す場合には、治験の進行状況を確認する臨床研究モニター(CRA)として経験を積むという方法もあります。

CRAの業務内容はCRCとは異なりますが、治験をサポートするという意味においては共通点があるため、CRAの経験者であればCRCとして採用される可能性も高くなるといえます。