治験コーディネーターの勤務時間、休日

所属先によって労働条件が異なる

新薬の開発に関われる、また患者さんの助けになれる点に魅力を感じて治験コーディネーター(CRC)に転職を希望する人も多いのですが、一般的な職種でないためどのようなスケジュールで働いているのかがイメージされにくいようです。

CRCは、病院などの医療機関に直接雇用される院内CRCと、治験施設支援機関(SMO)に所属して医療機関に派遣されるCRCに大別されますが、勤務時間などの労働条件は所属先によって異なります。

SMOに所属する場合、企業によって異なる部分もあるので、よく調べて検討しましょう。

基本条件は一般企業と同様

勤務日は一般的に月曜日から金曜日までの平日で、週末および祝日は休日となることがほとんどです。勤務時間は一般的なオフィスと同じ9~18時で、残業や夜勤は少ないことが多いようです。

また、所属先の医療機関や企業の規定によりますが、有給休暇や夏期・年末休暇も付与されています。

有給休暇は、SMO所属CRCよりも院内CRCのほうが取得しやすい傾向にあるようです。

場合によってはフレキシブルな対応が求められることも

勤務条件は上記のように定められていることがほとんどですが、治験の性質上、定時時間外にも対応が必要となる場合もあります。

治験に参加する患者さんや医師のスケジュールに合わせて行動しなければならないことも多いため、定時の前もしくは後に業務が続くこともあります。

そのため、企業によってはフレックス制を採用している場合も少なくありません。

自身で計画をしっかり立てることが前提ですが、一日のなかでコアタイムを設定し、それ以外は定時よりも早く勤務を開始したり、または遅くまで働いてもよいとされます。

また原則として週末は休みとなっていますが、土曜日に治験が実施されることもあります。

その場合は土曜日にも出勤しなければなりませんが、平日に代休を取得することで週休二日制としている場合が多いようです。