治験コーディネーターの勤務先、就職先と活躍の場

治験コーディネーターの就職先

治験コーディネーター(CRC)として勤務するためには、医療機関に直接雇用されて院内CRCとなるか、治験施設支援機関(SMO)に所属して医療機関に派遣されるパターンが一般的です。

両者の仕事内容はほぼ同じですが、待遇や年収、仕事のスタイルに違いがあります。

院内CRCは、すでにその病院に看護師や臨床検査技師、薬剤師などとして勤務している方がCRCとなるケースが多いようです。

また病院によっては、治験が実施される期間のみ他職種のスタッフがサポートしたり、外部から非常勤として雇用することもあります。

治験施設支援機関とは

CRCにもっとも多いのは、SMOに所属して、治験が行われる施設に派遣されるケースです。

このSMOとは、治験を実施する医療機関から委託を受け、医療機関の治験業務を支援する民間企業です。

SMOは医療機関と契約を結び、CRCを派遣します。CRCは、適正な治験がスムーズに実施できるよう、治験に関わる医療スタッフの業務を支援します。

SMOのCRCは、1つの治験が行われているあいだ、3ヵ月から1年程度、同じ施設を担当します。

ほとんどは自宅または所属企業から1時間圏内の施設となるようですが、場合によっては別の地方を担当することもあります。

1人1施設のことが多いのですが、状況によっては担当以外の施設をサポートしたり、ベテランになると複数の施設を同時に担当することもあります。

病院以外にも活躍の場あり

上記のように、治験のほとんどが病院などの医療機関で実施されるため、CRCが活躍する場はこうした施設が多くなります。

しかし、CRCが勤務できる場所はこれだけではありません。

病院以外の勤務先のひとつは、製薬企業です。

製薬企業では新薬が開発されますが、こうした医薬品は市場へ流通させる前に、有効性や安全性を確かめるための多くの臨床試験が必要とされます。

そのため、製薬企業も新薬についてさまざまな角度から十分に調査する必要があり、その際に製薬企業で働くCRCが活躍します。