治験コーディネーターの1日

治験施設支援機関で働く治験コーディネーターの1日

治験コーディネーター(CRC)の仕事には、治験の準備、患者さんのケア、医師や医療現場の支援、製薬企業などの治験依頼者への対応など、さまざまな業務が含まれます。

またその内容は、病院に直接雇用される院内CRCか、民間企業である治験施設支援機関(SMO)に所属して病院に派遣されて働くCRCかによっても異なります。

ここでは、SMOで勤務するCRCの一日のスケジュールを紹介します。

9:00 出勤

オフィスへ出社し、メールチェックやその日のスケジュール確認をします。場合によっては自分が担当する治験実施医療機関へ直行することもあります。

9:30 担当施設へ移動

オフィスでの作業が終わったら、自分の担当する施設へ移動します。

到着後は来院予定の治験に参加している患者さんのカルテを確認したり、治験を実施する医師やスタッフとの打ち合わせ、治験薬の準備などをします。

11:00 患者さんへの対応

11時頃から患者さんが来院するので、

・その方の体調変化や服薬状況の確認
・服薬方法の指導
・検査や医師の診察への同席
・次回来院スケジュールの調整
・治験薬余り分の回収
・治験協力費の支払い
・会計への同行

などの対応をします。

患者さんが帰宅したらデータを症例報告書に記入し、休憩に入ります。

13:00 ミーティングや候補者のスクリーニングなど

午後の業務はその日によって異なりますが、一般的には医師や治験依頼者とのミーティングが行われます。

治験に参加している患者さんのカルテ内容を確認したり、被験者の状況について2時間ほど打ち合わせます。

また、新たな被験者の候補を探すため、カルテスクリーニングを実施することもあります。

治験実施計画書(プロトコル)の基準に合致する人を探すことを被験者スクリーニングと呼び、それにはいくつかの方法がありますが、カルテスクリーニングでは病院のカルテや登録者データなどを使用します。

被験者の候補が決まったら、その患者さんに治験について説明します。本来は医師が主導しますが、治験の説明にはかなりの時間がかかるため、詳細についてはCRCが説明をサポートします。

患者さんが十分に理解して納得したら、治験参加に関するインフォームドコンセントを取得し、その患者さんの治験が開始されます。

16:00 帰社

担当施設での業務がすべて終了したらオフィスへ戻り、日報作成やメール対応を行います。

18:00 退社

翌日の準備をして18時ごろ退社します。