在宅のコピーライター

コピーライターは在宅でも働ける

コピーライターは、広告制作系の企業に就職して働いている人がいる一方、在宅で仕事をする人もいます。

在宅のコピーライターは、いわゆるフリーランスでの働き方になり、クライアントから「こういうターゲットに向けて、こういうコンセプトのコピーを書いてほしい」といった依頼を受け、自宅でコピーを作り上げます。

ただし在宅とはいっても、ときには打ち合わせに出向くこともあります。

コピーライターはパソコンやインターネット環境があれば仕事をすることができ、とくに大がかりな設備や特別な道具を揃える必要はありません。

在宅でも働きやすい職種のひとつだといえるでしょう。

もともと企業勤めをしていたコピーライターが独立し、在宅にて個人で仕事をしているというケースもよく見られます。

簡単にできる仕事は報酬も安い

最近ではクラウドソーシングが普及し、以前よりもずっとコピーライターとしての仕事を見つけやすくなっているようです。

「未経験OK」「経験不問」といった内容の案件も増えており、初めてコピーを書く人であっても、仕事に挑戦して、お金をもらうことができるようになっています。

しかし注意しておきたいのは、案件の規模や難易度はものによって大きく異なり、気軽に請け負える案件は報酬額も低い場合が多いということです。

時間をかけて仕事を終えても、手元に入ってくるお金はほんのわずかであり、とてもそれだけでは生活できないというケースも珍しくありません。

在宅の仕事で収入アップするには

在宅のコピーライターとして収入を増やすには、実績を積み、少しでも単価の高い仕事をこなせるようになるしかありません。

信頼も実力も一朝一夕で積みあがるものではないため、最初は安い案件からでも、地道にこなしていく心構えが必要だといえるでしょう。

つねにきちんと仕事をしていれば、そこから別の案件につながったり、他のクライアントを紹介してもらえるチャンスが出てくるものです。

在宅での仕事は気楽な面もありますが、コツコツと努力してスキルアップに励む必要があります。