コピーライター養成講座で学ぶこと

広告制作の基本や表現方法を学ぶ

コピーライターになるための手段として、「コピーライターの養成講座に通う」ことを考える人もいます。

コピーライターの養成講座では、コピーライターの仕事内容をはじめ、コピーと普通の文章の違い、広告作りの流れや理論など、コピーライターとして活躍するために必要な知識をひととおり学ぶことができます。

コピーはセンスや才能だけで作られると思われることもありますが、じつは「技術」を身につけてこそのものでもあり、人の心を動かす表現の方法なども学びます。

講師から一方的に話を聞くだけではなく、実際に自分でコピーを書いて、添削や講評をしてもらえる機会もあります。

どんな人が受講するのか

コピーライターの養成講座はとくに年齢制限がないため、学生や社会人などさまざまな人が受講しています。

コースによっては、未経験や初心者でも受講可能です。

たとえば、有名な「宣伝会議」のコピーライター養成講座では、「基礎コース」「上級コース」「専門コース」といった複数のコースに分かれており、実力や目的に応じてコースを選べることができます。

「コピーライターになりたい」「言葉に興味がある」という共通の思いや目的を持った人が集まっているため、お互いに切磋琢磨しながら、知識や技術を身につけていくことができるでしょう。

現場の様子も知ることができる

コピーライターの養成講座では、広告制作の流れを学んだり、コピーライティングのスキルを身につけるだけでなく、コピーライターや広告代理店で働く人が「広告業界や仕事の紹介」といったテーマでの講演を行うこともあるようです。

業界の人による「生の声」を聴けるのは貴重な経験で、モチベーションアップにもつながります。

また、現場で働く人とのコネクションができることも、こうした講座に通うことのメリットのひとつです。

広告業界は人と人とのコネクションによって仕事につながることも多いため、講座に通い、さまざまな人と出会うことは、後々仕事を獲得する際にもプラスとなることでしょう。