コピーライターのやりがい

一人前になった時の喜び

センスとやる気がある人なら、新卒や未経験者を採用している広告代理店や制作プロダクションに就職すれば、肩書きだけのコピーライターになることはすぐにでもできます。

しかし、一人前のコピーライターとして活躍するためには、アシスタント的な業務に就いて先輩コピーライターの技術やノウハウを盗み、下積みから次第に実力をつけて這い上がっていくしかありません。

コピーライターとしてのスキルは直接学校で学ぶことはできず、養成講座を受けたとしてもやはり机上の学び。実践でスキルを培うしかないのです。

苦労の末、先輩の力を借りずに自分で手がけたコピーが採用されたり、クライアントや営業担当者から指名で仕事が入った時には、至福の喜びを感じられるといいます。

成果物を目にした時の満足感

ひとつの広告が完成するまでにはさまざまなステップを要します。まず、宣伝しようとする商品について知識を蓄え、スポンサーの広告へ求めることを把握した上で、広告の企画を立てます。

プロデューサー、プランナー、デザイナーなどのスタッフとともに打ち合わせを繰り返して方向性やアイディアを出し合い、キャッチフレーズやテーマを決定し、スポンサーにプレゼンテーションを行います。

プレゼンが通らずボツ企画となってしまうこともありますが、運よくプレゼンが通ったらやっと広告制作を開始。制作進行中にもコピーの修正や方向転換による書き直しなどが発生することは日常茶飯事です。

締め切り前には超過勤務や休日出勤になることも多々あります。

こうして完成した成果物は、CMならオンエアを見た時、印刷物なら実際に納品されて手に取った時に、何ともいえない充実感に満たされることでしょう。

広告のレスポンス

制作した広告がスポンサーやその顧客、一般消費者からいい評価を得た時に、コピーライターをはじめとする制作スタッフは非常にやりがいを感じます。

さらに、宣伝した商品の売上げが伸びた、問い合わせが増えたというレスポンス報告は、その広告の最終目標が達成された時。手がけた広告の成功に心から満足する瞬間です。