コピーライターの役割

広告業界におけるコピーライターの役割

広告はコピーライター以外にも、プロデューサー、ディレクター、プランナー、デザイナー、イラストレーターなどの専門的なスキルをもつスタッフにより作られています。

その中でコピーライターの仕事は、広告の文面を考案して書くこと。売りたい商品の内容やスポンサーが求めることを把握した上で、広告を見た人に訴える文章を書くことが求められます。

さらに、多様に存在する広告媒体の特性を知り、マーケティング理論にも通じていなければならず、プレゼン力も必要とする難しい職業であるといえるでしょう。

広告代理店と制作プロダクション

コピーライターの就職先は主に代理店とプロダクションですが、それぞれにおける役割には違いがあります。

典型的な業務の流れ

よくあるパターンが、クライアントから代理店に一連のプロモーションの依頼があった場合、代理店ではその企画をもとに社内制作をするもの、外部委託をするもののジャッジをします。

そしてCMはCM制作プロダクション、広告は広告制作プロダクション、WebサイトはWeb制作プロダクション…といった具合に振り分けて制作を委託するのです。

この業務の流れにより、代理店に所属するコピーライターとプロダクションに所属するコピーライターの役割の違いが生じます。

主な役割の違い

広告代理店は主に、クライアントであるメーカーなどと、媒体社であるテレビ局、雑誌出版社、新聞社などとの間に立ち、密接にかかわっています。

よって、代理店のコピーライターはプランナーやデザイナーなどとともにアイディアを出し合ったりするチームプレーが多く、外部へ業務委託をする際にはコピーディレクター的な役割を兼ねることもあります。

一方、プロダクションは主にCM、広告、セールスプロモーションツールなどの制作を中心に行います。

プロダクションのコピーライターの業務内容は、職人のようにコピーライティングに徹したり、企画からプレゼンまで幅広く手がけたりと、その企業の規模や特性によって大きく異なることが多いようです。