コピーライターの現状と将来性

広告業界全体の現状

リーマンショック後の景気減退とともに、日本においてもあらゆる企業が広告宣伝費を削減する傾向が顕著になり、広告市場は長らく低迷を続けていました。

それに伴い、賞与の削減や人員の削減、ひいては中小の広告代理店や制作プロダクションの経営破綻が相次ぐところとなりました。

このような縮小の危機を見せていた広告業界ですが、アベノミクスに象徴される景気対策が功を奏し、2012年以降は緩やかな景気回復の兆しに。

それに伴い広告費も増加傾向となったため何とか危機を脱しましたが、今後に向けての不安が残り、生き残るための戦略が必要とされているのが現状です。

マス媒体からデジタル系媒体へ

近年の広告媒体の傾向としては、企業の広告宣伝費削減に伴い、テレビや雑誌といった従来のマス媒体からインターネットをメインとしたデジタル系媒体へのシフトが顕著になってきています。

2009年にはインターネット広告が新聞を抜き、テレビに次ぐ第2位の広告媒体に成長。2013年には新聞、雑誌、ラジオは前年割れ、テレビは横ばい、対するインターネット広告は8.1%の増加となりました。

今後もインターネット広告の市場規模は拡大していくと考えられ、その規模は1兆円を超えるという試算もあります。

コピーライターに求められるスキルシフト

こうした広告媒体のシフトにより、広告業界の従事者に求められる業務スキルも変化しています。

コピーライターに求められるのは、従来のマス媒体で必要だったブランド戦略などに基づくイメージ寄りのコピーから、デジタル系媒体で必要な、個々の消費者にダイレクトに響くコピーへのシフトです。

より高度なマーケティングの知識が求められ、そのノウハウをいかにデジタル系媒体へ反映できるかのスキルが問われます。

コピーライターが媒体シフトに柔軟に対応し、今後も活躍し続けるためには、自主的に学んでスキルを身に付ける必要があるといえるでしょう。