コピーライターのつらいこと、大変なこと、悩み

コピーライターは非常に難しい仕事

商品などの広告のキャッチフレーズや文面を考案して書くコピーライター。

商品がどんなものなのかをしっかり確認し、スポンサーがどんなふうに売りたいのか、どんな広告を求めているかの意図を把握した上で、広告を見た消費者の目を引き、行動を起こさせるコピーを書くことが要求されます。

しかもその広告を掲載する媒体はテレビCM、雑誌広告、新聞広告、折込み広告、ポスター、商品POPなど多岐にわたっています。

また広い意味ではカタログやDMなどのセールスプロモーションツールも広告の仲間です。

こうした大小たくさんの媒体の特性や効果を把握してコピーを作ることはもちろん、その費用対効果まで考慮した上でスポンサーへ提案することもコピーライターの役割です。

さらに近年、コピーライターにはシフトチェンジが求められ始めました。

かつてコピーライターに求められていたスキルは、「いかにクライアントの企業イメージや商品のイメージを伝えるか」ということで、センスのいいコピーワークが主流でした。

それが近年ではインターネットをはじめとするデジタル系媒体で必要な、個々の消費者にダイレクトに響くコピーワークが重要視されてきています。

そのためにはより高度なマーケティングの知識が求められ、コピーライターはセンスに加えて理論があるかが問われる立場へ変わりつつあります。

文章のうまさだけでなく、多岐にわたる広い知識とプレゼン力も必要とされる、きわめて難しい仕事がコピーライターなのです。

過酷な業務を経て一人前に

コピーライターのスキルは学校で学ぶことはできないため、一人前のコピーライターとして活躍するまでには先輩コピーライターのアシスタントとして働き、現場で技術やノウハウを身に付ける必要があります。

また、締め切り前になると大幅残業や休日出勤、徹夜になることもあり、その点では過酷な業務になるかもしれません。

苦労して考えたコピーが一刀両断でボツにされることも多々あり、精神的にもタフでないと務まらない仕事だといえるでしょう。