未経験からコピーライターになるには

コピーライティングの賞への入賞を目指す

コピーライターを目指すのならば、コピーの賞に挑戦してみるとよいでしょう。

小さな公募でも構いませんが、とにかくコピーライターは実力勝負の世界です。

何らかのコピーの受賞経験があることで、広告代理店や制作プロダクションを受ける際にはプラスになるはずです。

経験者を優遇して採用する会社でも、受賞歴があれば未経験で採用してくれる可能性が高まります。

また「プロに評価してもらう」ことで、緊張感を持ってコピーを考えるトレーニングにもなるでしょう。

「宣伝会議賞」など、未経験者でも自由に応募できる賞に取り組んでみるとよいでしょう。

アルバイトとして業界に入る

広告代理店や制作プロダクションに入りたい人はたくさんいるため、競争率も非常に高くなるところが多いです。

とくに正社員としての入社はかなり厳しいものとなりますが、まずはアルバイトとして働き、スキルと経験を身につけ、そこから人脈を広げていくこともひとつの手といえます。

アルバイトであれば、未経験でも熱意次第で採用してくれる会社は少なくありません。

実力をつけていけば、大きな会社に社員として転職しやすくなるでしょう。

また広告系の会社に限らず、メーカーのPR担当など、コピーが書ける仕事はほかにもあります。

「コピーライティング」というキーワードを軸に、会社を探していくのもよいでしょう。

フットワークは軽く

広告会社の営業などコピーライター以外の職種で働いていた人が、ふとしたきっかけで才能を認められてコピーライターになることもあるそうです。

大手広告代理店では、社員自らが異動希望を出すことができ、社内試験を受けて合格することでコピーライターになれる道を用意しているところもあります。

逆に、いくらコピーライターを目指そうという情熱があっても、自分の書いたコピーを誰かに認めてもらわなければ道は開けません。

たくさんのコピーを書いてスキルアップし、多くの人に見てもらうことは大切ですし、人脈作りも欠かせません。

ふとしたきっかけで、業界とつながるチャンスがやってくるかもしれません。