コピーライターの苦労

「生みの苦しみ」を味わう仕事

コピーライターとして活躍している人たちは、素晴らしいコピーを生み出すために、日々発想力を磨いています。

街中にあふれるコピーをチェックして、「おっ!」と思うものがあればメモをとり、ネタになりそうな情報集めに必死です。

どんなに才能があっても、何も努力せずに良いコピーを書くことは大変難しいでしょう。

しかし、第一線で活躍しているコピーライターでも、ときにはアイディアがなかなか思い浮かばないこともあるそうです。

何度も何度も案を出しても、なかなかクライアントからOKが出されないことは少なくないといいます。

しかし、途中で諦めるわけにはいけません。

まさに「生みの苦しみ」を味わう仕事ですが、それだけに自分も周りも満足いくコピーができ上がったときは、何物にも代え難い幸せな気分が味わうことができるでしょう。

締め切りに追われるのは日常茶飯事

また、コピーライターの仕事は、たいてい「締め切り」が設定されているものです。

広告を作るには、コピーライターだけでなく、カメラマンやデザイナーなど大勢の人が一度に動きます。

状況によっては制作スケジュールがズレてしまったり、急遽やり直しになったりすることもあるでしょう。時間がほとんどない中で、コピーを書かなければならないこともあります。

さらに、スキルがついて人気のコピーライターになればなるほど、たくさんの仕事を一度に引き受けることが増えてきます。そうなれば、いつも締め切りに追われながら生活することになるでしょう。

広告業界は一見華やかそうに見えますが、その裏側はとても慌ただしく、徹夜が続くこともあります。「忙しいのは当たり前」という気持ちを持っておくことが必要です。