コピーライターになるために勉強すること

コピーライターに必要なスキル

コピーライターとになるために学ぶべきことはたくさんありますが、「これだけやれば完璧」ということはありません。

人それぞれ考え方も異なりますが、おもな内容を以下に挙げていきます。

書く力

文章力や表現力、ボキャブラリーといった総合的な「書く力」は、大学などでの勉強でも高めることができます。

コピーライター養成講座でもスキルアップが望めるでしょう。

ただし、コピーのセンスについては、その人が持つ適性による部分が大きいといえます。

せっかくコピーをたくさん書いても、どのコピーが良いのか「判断する力」を養うことも必要です。

そうしたセンスが弱いと感じる人は、「いいコピー(評価されているコピー)をたくさん見る」「映画やアートなどを積極的に見て感性を磨く」などの努力が必要です。

情報収集力

コピーライターの仕事に欠かせないことのひとつに「情報収集」が挙げられます。

常日頃から新しい情報にアンテナを張っておき、気になることは放置せず、とことんリサーチする癖をつけることが大切です。

コピーライターはさまざまなジャンルのコピーを書くことが多いため、引き出しを増やしておくと、いざというときに必ず役立ちます。

マーケティングや法律の基礎知識

魅力的なコピーワークのためには、消費者心理や市場動向などにもとづくマーケティングの知識が必要不可欠です。

また薬事法や景表法といった法律の基礎的な知識も使う場面が多々あります。

これらの知識は本などを読んで吸収することができるほか、セミナーなどに参加するのも有効です。

プレゼン力

いくら良いコピーが書けても、その背景にある思いや理屈などをクライアントに「わかりやすく」伝えられなくては、コピーライターとしてやっていくのは難しいものです。

プレゼン力を高めるには、とにかく場数を踏むしかありません。

何かを他人に説明するときに、どうすればよりわかってもらえるかを深く考えること、また舞台演劇やステージがあるカラオケ店などで人前に立ち、舞台度胸を培うのもひとつの手です。

現場で身につくことも多い

コピーライターやデザイナーといったクリエイティブ系の専門職は、転職を繰り返してもマイナスにならず、むしろ「スキルアップの意欲が高い」と評価されることも多い特殊な職業といえます。

この仕事は、もちろん本などを利用して業界の情報を得たり、基本的なコピーの買い方を学ぶことはできますが、現場で実際の案件に携わってこそ成長できる面が多々あります。

そのため、まずは比較的就職しやすい中小の広告代理店や制作プロダクションでコピーライターのアシスタントとして働き、現場で先輩コピーライターからコピーライティングのスキルやノウハウを学ぶ方法をとってもよいでしょう。

徐々に仕事を任せてもらえるようになると、「アシスタント」という肩書きが取れて、一人前のコピーライターとしてデビューできます。