コピーライターの勤務時間・休日

不規則な仕事

コピーライターが活躍できる広告の仕事はクライアントありきなので、クライアントの都合で仕事をすることも多いです。

広告業界は、納期との戦いになることが多い世界です。締め切りが近かったり、作業が立て込んでいるときは、睡眠時間を削って、コピーを考えなければいけないこともあります。

急遽やり直しが入って休日対応となることもしばしばあり、勤務時間が長くなりがちな仕事です。

しかし、その基本的な勤務時間や労働時間は、おもに「広告代理店などの企業に勤務する場合」と「フリーランスの場合」のふたつで大きく異なります。それぞれをご紹介していきます。

企業で働く場合

企業で働く場合は、各企業が定める勤務時間で仕事をすることになります。たとえば「9:00〜17:30」などです。

もちろん、仕事量や仕事の状況によってはその時間を超えて働かなければならないこともありますが、その場合は「残業」や「休日出勤」といった形で働くことになります。

フリーランスの場合

一方、フリーランスのコピーライターとして活動する場合は、企業に勤める場合のように決められた勤務時間がありません。深夜でも早朝でも好きなときに仕事をして良いですし、1日に4時間だけ働こうが12時間働こうが自由です。

休日も企業のように「土日祝日」と決まっておらず、自分自身でスケジュール管理をすることが基本となります。

締め切りの状況によっては、休日も返上して働かなければなりません。常に考える仕事のため、出勤日と休日の区別があまりないという人もいます。