コピーライターの需要

広告制作に不可欠な存在

コピーライターは、広告業界において欠かせない職種のひとつとなっています。

ひと昔前は、コピーライターといえば「気の利いた一行のキャッチフレーズを作る人」と認識されることも多かったようですが、決してオシャレでセンスのいい言葉を書くのがコピーライターの仕事ではありません。

広告は、企業やブランドイメージを良くしたり、商品やサービスの魅力を多くの人に伝えるなど「人の心を動かす」ために作られます。

そこでは、写真やイラストなどのビジュアルと併せて「言葉」が大きな役目を果たします。

多くの人が広告はジャマなものだと考えているからこそ、そんな人たちの目に留まり、「面白そう!楽しそう!」「何だか心に残る」と思われるコピーを考える必要があります。

それができるコピーライターは、今後も必要とされ続けていくでしょう。

セールスコピーの需要が拡大

コピーライターはさまざまな広告のコピーを書きますが、最近は「セールスコピー」といわれる種類のコピーが書ける人の需要も高まっているようです。

セールスコピーは、商品などを売るためのコピーで、それを書く人は「セールスコピーライター」と呼ばれることがあります。

技術が圧倒的に進歩し、ただモノを作れば売れる時代は終わっています。

商品力で勝負することが以前よりも難しくなっているといわれる今だからこそ、その商品の魅力やメリットを上手に伝えるために、セールスコピーの需要が拡大しているようです。

また、インターネットで企業や個人がモノを気軽に売れるようになったことも、セールスコピーライターの需要拡大の追い風となっているようです。

「文章を書くのが得意」だけでは難しい

コピーライターは、文章を書くのが得意でなければできない仕事と思われることもあるようですが、実際には文章力というよりも「さまざまな切り口でモノを見る」クセを身につけることが重要です。

誰もがわかりきっていることをストレートにいうだけでは、なかなか多くの人の心には響きません。

大切なのは、みんながどこかで気付いていながらも言葉にしていないことを、コピーライターが見つけて言葉にすることです。

そのためには、多様な視点で物事を考えられることが重要になり、それができるコピーライターはこれからも求められていくでしょう。

また、コピーライターはありとあらゆる業界の企業や商品のコピーを作るため、特定の業界に詳しいことで力を発揮できる場面もあります。

ただ「文章を書くのが得意」というだけではなく、プラスアルファの強みがあると活躍しやすいでしょう。