コピーライターの事務所・制作会社・プロダクション

事務所・制作会社・プロダクションの違い

コピーライターの活躍の場は、大手の広告代理店から、中小の広告制作会社や事務所、制作プロダクションまでまちまちです。

広告制作に携わる会社の種類として「事務所」「制作会社」「プロダクション」がよく挙げられますが、これらの違いは明確に定義されているわけではなく、いずれも同じようなものだと考えておいてよいでしょう。

これらは、広告会社に勤めていた人が経験を積むと独立して立ち上げるケースも多く、たとえば同じ「事務所」といっても、一人だけで営業している個人事務所もあれば、複数のスタッフを抱えている事務所もあります。

小さな事務所が多数

コピーライターが働ける事務所・制作会社・プロダクションは、規模の小さな会社も多数あります。

とくに一流のコピーライターが立ち上げた事務所では、後進を育てるために独立を前提とした採用を行っているケースがあります。

そこでは、いわば「師匠と弟子」のような関係で、一人のコピーライターとして成長するためのあらゆるスキルを磨くことができるでしょう。

小さな事務所では、大手のような分業制がとられていないことが多く、仕事の1から10まですべて一人でこなさなくてはならないといった苦労があります。

その分、圧倒的なスピード感でスキルを磨くことができたり、広告制作の流れやノウハウを覚えやすかったりといったメリットも感じられることでしょう。

仕事は激務になることも

広告制作はクライアントありきの仕事となり、事前に定められたスケジュールの通りに動かなくてはならないため、概して激務になりがちです。

また、この業界は夜遅くまで働く人も多く、案件が立て込んだりプレゼン前などには徹夜や休日出勤をしなくてはならないこともあるでしょう。

とくに小さな会社では少ない人数で案件を回すことから、相当ハードな日々を送ることになるかもしれません。

それでも、「自分が手掛けた広告が世に出る」というのは何物にも代えがたい喜びと感動があり、仕事のやりがいを実感できるはずです。