コピーライターの1日

不規則な動きになりやすい

コピーライターなど広告制作に携わる人たちは、つねにクライアントありきで仕事をしています。

そのため、クライアントの都合や案件量によって動きが変わることも多く、さらに広告制作は納期があることから、どうしても忙しい日々になりがちです。

そんな環境で働くコピーライターの1日のスケジュールも日によって異なることが多いのですが、ここでは広告代理店に所属するコピーライターの代表的な1日の過ごし方を紹介します。

広告代理店で働くコピーライターのある1日

7:00 起床

前夜の帰宅が遅いと、起きるのがギリギリの時間になってしまうことも。

急いで朝食をとり、ネットニュースや新聞に目を通します。

8:40 出勤

デスクに着いたらパソコンを立ち上げ、前夜に届いているメールをチェック。

8:50 朝礼

全体での共有事項を確認します。

9:00 社内会議

新規クライアントへのプレゼン内容について、営業やデザイナー、ディレクターなどと打ち合わせ。

10:30 戻された原稿に目を通す

クライアントから先日提出した原稿の戻しがあったため、内容を微修正して再度提出。

12:00 ランチ

気分転換がてら外に食べに行くことが多いですが、あまりに忙しいとデスクで済ませることも。

13:30 クライアントとオリエンテーション

制作チームでクライアントの元へ。新たな広告を制作するため、予算や目的、コンセプトなどについてミーティングします。

16:00 コピー案を出す

会社に戻り次第、さっそく先ほどのミーティングの内容をもとにしたコピーを考えていきます。

18:30 デザイナーと相談

キャッチコピーをデザイナーに見せながら、方向性の確認。

20:00 休憩

お腹が空いてきたところで、コンビニへ。軽く休憩をとります。

22:00 退社

ひと段落ついたため、今日の業務は終了。

1日で完結しない仕事が多いため、いかに自分でスケジュールを立てて動けるかが重要です。