コピーライターの独立

経験を積むと、独立して働く人も多い

コピーライターは、広告代理店や広告制作プロダクションなどの企業に所属して働く人が多数いますが、一方では独立して仕事をしている人も少なくありません。

よくあるのは、学校を出て広告系の企業へ就職し、コピーライターとしての経験を積んだのちに独立というルートです。

絶対にこのルートをたどらなくてはいけないわけではありませんが、コピーライターは専門職であり、スキルがなくては仕事を続けることが難しい職種です。

また、広告業界の特徴や仕事の流れを学ぶためにも、ゆくゆくは独立して仕事がしたいと考えている人も、一度は会社で働いて基礎的な力を身につけることをオススメします。

低予算での独立が可能

職種によっては、独立をする際に非常に大がかりな準備をしなくてはならないこともありますが、コピーライターの場合は比較的簡単に独立することが可能です。

特別な設備などは必要なく、とりあえずパソコンとインターネット環境があれば、全国どこでも仕事ができるのはコピーライターの魅力といえます。

その他、自己紹介用の名刺やポートフォリオ、取材および打ち合わせ時などに使用するICレコーダー程度のものを揃えておけば仕事はできるでしょう。

端的にいってしまえば、コピーライターはスキルさえあれば「腕一本」でも独立を果たすことができます。

仕事の幅を広げていくために

「コピーライター」と名乗るのは簡単ですが、この仕事で独立して生計を立てていくのは大変なことです。

コピーライティングの仕事もさまざまあり、独立して、誰もが知る大手企業の広告のコピーを手掛けられるのは業界内外で知名度のある相当な実力者のみといえます。

最近ではクラウドソーシングの普及によって単価の低い案件も増えており、そのような案件を数多くこなすことで何とかやっている人も大勢います。

また、ホームページ制作やデザインなど、他のクリエイティブ系の仕事と両立させながらコピーライターの仕事をする人も少なくないようです。

広告業界は人脈も重要ですし、仕事で評価されなければ次の仕事にはつながりません。

コピーライターとして大きな収入を得るためには、地道な努力と実績の積み重ねが必要だといえるでしょう。