コンサルタントの仕事内容

クライアントの課題を解決

コンサルタントという職業は、民間企業や官公庁から依頼を受け、経営状態や今後の方向性に対して分析を行った上でアドバイスをしたり指導をしたりする専門家です。

企業の業種や仕事内容によって、さまざまな種類のコンサルタントが活躍しています。

代表的なものとしては経営のアドバイスをする「経営コンサルタント」があり、他にもITシステムの構築などを行う「ITコンサルタント」、建設技術の調査や設計を行う「建設コンサルタント」などがあります。

コンサルタントの仕事の大きな流れとしては、まずはクライアントからの依頼を受け、どのような課題を抱えているのかをヒアリングします。

その際に、いつまでに問題解決をめざすのか、どの程度の予算が組めるのか、どういった分野に詳しいコンサルタントが必要かを確認した上で、解決のためのプロジェクトチームを組みます。

その後、経営状態や雇用状況を分析したり、社内のITシステムを調査したりして問題点を見つけ出し、解決策を提案するところまで責任を持って引き受けます。

あらかじめ決められていた時期や予算を厳守した上でクライアントを納得させることのできる解決策を出すことができれば、コンサルタントの仕事はひとまず終了です。

多種多様な仕事内容

コンサルタントが引き受ける仕事は多岐にわたります。

「新しい事業の立ち上げ」や「新商品の開発」など事業そのものに知恵を出す場合もあれば、「人材の新たな活用方法」や「人員整理」など雇用に関するシステムを整えることに力を貸すこともあります。

ときには、「海外に新しい支店を出したい」「現地法人を設立したい」というような相談もあり、グローバルな活躍をすることも可能です。

また、「企業のM&A(買収や合併)」に関する相談の場合は、数年がかりの大きなプロジェクトに関わることになります。仕事内容が幅広く、さまざまな経験ができるのが、コンサルタントの仕事の醍醐味なのです。