コンサルタントへの転職

未経験からの応募OKなことも

コンサルタントという職業には、さまざまな企業の人と出会うことができるというやりがいの大きさや収入の高さ、専門性があって長期的に働けるという魅力があります。

こうした魅力にひかれてコンサルタントへの転職をめざす人も多く、未経験から応募しようと考える人もいるでしょう。

コンサルタントの場合、特定の学歴や国家資格がなければ働けないわけではないので、実際に未経験から転職することも可能です。

ただし、この仕事をする上で絶対に必要である「高いコミュニケーション能力」や「情報処理能力」をアピールできる経歴や経験があることがとても重要になります。

さらに、特定の分野への専門知識があれば、なお良いでしょう。

具体的には「外資系の企業で働いていたので語学力がある」「メーカーのトップ営業マンとして活躍してきたので交渉事が得意」「人事や経理のスペシャリストとしての実績がある」など、他の人にはない強みがあると有利にアピールできます。

資格保持者の転職も多い

コンサルタントの仕事では、高い専門知識がある人ほど、クライアントからの相談に対して的確なアドバイスができます。

「税理士」や「公認会計士」「中小企業診断士」のように、士業の資格を取得してその業界で働いた経験がある人は、まさにコンサルタントとしてうってつけの人材になるでしょう。

また、MBA(経営学修士号)を取得していて経営学に精通している人であれば、他業種や他業界からの転職でも即戦力として活躍できる可能性があります。

企業によっては、資格保持者の転職を大歓迎しているので、こうした人たちの転職はよりスムーズにいくでしょう。