コンサルタントの勤務時間・休日

クライアントに合わせた勤務に

コンサルタントの仕事は、すべてにおいてクライアントのスケジュールが優先です。

自分がその時に担当しているのがどのような業界のどのような企業なのか、あるいは官公庁なのかによって、クライアントの勤務時間は大きく異なります。

これに合わせてコンサルタントの働き方も変わることになるため、勤務時間は流動的です。

たとえば、一般的な企業や官公庁と取引をしている場合は世間のサラリーマンと同じように朝の8:30〜夜20:00頃まで働き、土日祝日に休みを取ることになります。

しかし、外資系の企業と取引をしている場合は海外の時間に合わせて深夜や土日祝日に電話やオンラインでのミーティングをすることもあるのです。

コンサルタントの場合、規則正しい勤務時間や休日はなかなか手に入らないのが現状です。「残業はなるべくしたくない」「土日は確実に休みたい」という考え方の人には厳しい業界かもしれません。

休日返上で調べ物をすることも

クライアントから引き受けた案件の納期が迫っている場合は、休日返上で仕事をすることも珍しくありません。

自分の会社に出勤して分析や調査をすることもあれば、自宅でプレゼンテーションの資料を作ることもありますし、図書館で参考図書を探して勉強をすることもあります。

このように、コンサルタントの仕事はひとつの案件が終わるまではとにかく多忙になることが多いので、区切りがついた時点でまとめて休暇を取れるというケースもあります。

ただし、このあたりの事情は、労働組合があるような国内の大手コンサルタント企業と外資系のコンサルタント企業では考え方や雇用事情も違うので、就職の際によく確認することが大切です。