コンサートスタッフの生活

勤務時間、労働時間

コンサートスタッフの勤務時間は、催されるライブやコンサート、舞台などのスケジュールや内容により異なります。

有名アーティストのコンサートだと18時開場、19時開演ということが多いですが、リハーサルの長さはアーティストによりまちまちであり、会場入りの時間や勤務時間も一定していません。

公演の前日までに行われる舞台セットの設営にかかわるスタッフ、プレリハーサルにかかわるステージエンジニアなどは、予定通りに進まず、日によって勤務時間が長くなることも多々あります。

エンジニアやローディーは月給制であっても残業代がつかなかったり、完全歩合制や1つの公演ごとの契約だったりすることが多いため、勤務時間が長引くほど割に合わない現場になってしまうという問題も。

これに対し、受付や警備などの派遣スタッフは時給で働くため、労働時間と収入が比例するのが特長です。

月間や年間の合計労働時間で見ても、どのような現場にどんな頻度で入ったかにより異なり、労働時間と収入も比例するものではありません。

休日と生活サイクル

コンサートスタッフは一部の正社員を除き、基本的に曜日に関係なく、依頼を受けたコンサートの公演日やその準備期間を勤務日とし、それ以外の日を休日としています。

1週間以上休みがないこともあれば、1週間以上仕事がないこともあるような生活サイクルが日常です。

あらかじめ決めておけばまとまった休日を取ることもできますが、腕が立つエンジニアの場合はアーティストから指名を受けることがあり、断るとその後の仕事に響くため、休日返上で受けざるを得ないこともあります。

またアーティストの全国ツアーに同行するコンサートスタッフの場合、空き時間があっても他のスタッフらと行動を共にすることが多く、プライベートな時間を確保することは難しいでしょう。

このようなスタッフにとっては、つながりのあるアーティストのアルバムCDリリース後などがもっとも忙しい時期に当たります。