コンサートスタッフの給料・年収・収入

ステージエンジニアの場合

音響エンジニア、照明エンジニア、映像エンジニアなど、舞台演出にかかわるステージエンジニアは専門の知識や経験を持つ技術職であるため、コンサートスタッフの中でも比較的給料が高めになっています。

本人の能力に加え、所属する会社やクライアント、会場の規模、アーティストの知名度などにより給料には開きがありますが、年収300〜1000万円が相場だといわれています。

スキルや実績が上がるに連れて給料も上がっていく傾向にあるものの、完全歩合制や1つの公演ごとの契約が多いため、予算を抑えた公演ではベテランよりも経験の浅い若いスタッフが採用されることもしばしばです。

フリーランスになる人もいますが、上記のような理由から、必ずしも稼ぎ続けられるものではありません。

また、就職後の数ヶ月から数年間はアシスタントとして下積みの期間となり、日給5000円前後、またはアルバイトとして時給800〜1200円ほどで働くことが多いようです。

ローディーの場合

ローディーの給料にも、条件により開きがあります。平均年収は300〜400万円だといわれており、楽器に関する専門知識が必要な職種ではあるものの、ステージエンジニアに比べると低めのようです。

新人では月給15万円ほど、経験を積んでベテランになると月給50万ほどと、大きくアップすると見られています。

また、アーティストが所属するプロダクションに就職したローディーの場合、付き人に近い立場であることが多く、一般的なローディーより給料は低めになります。

楽器や機材の運搬だけを行うローディーにはアルバイトの人もいますが、時給850円前後と、肉体的にハードな仕事の割には低めのようです。

設営、受付、警備スタッフの場合

ほとんどのスタッフがイベント関連の派遣会社から派遣されています。時給800〜1200円ほどで、とくに力仕事が多い設営スタッフがもっとも高時給のようです。

仕事に慣れるほど時給アップが見込めるでしょう。