コンサートスタッフになるには

コンサートスタッフになるための条件

コンサートスタッフには、音響装置を操作するPAエンジニア、照明を操作する照明エンジニア、モニターやスクリーンの映像を操作する映像エンジニア、楽器や機材の運搬とセッティングを行うローディーなどがいます。

どの職種であっても資格や免許は必要なく、学歴、性別、年齢が問われることもほとんどありません。

ただし、体力や腕力が必要なシーンが多いため、若い男性が重宝される傾向にあります。

コンサートスタッフのアシスタントとしてアルバイトから始める人も多いですが、大半は専門学校などで各分野の技術や基礎知識を身に付けてから就職しています。

専門学校で学ぶこと

コンサートスタッフになるための勉強をするには、音楽や芸術、工学系の専門学校に設けられている音響学科やコンサートスタッフ科などで学びます。

コンサートスタッフ科では、音楽業界の基礎的な知識を得るとともに、並行して音響、照明、映像などの専門的な技術と知識を習得。

2年次には実習を中心に行う学校が多く、より実践に近い環境で学ぶことができます。

就職から一人前になるまで

コンサートスタッフの就職先は、舞台制作会社やイベント制作会社、アーティストが所属するプロダクション、音響・照明・映像それぞれのエンジニアのプロダクションなど、さまざまあります。

どの職場においても、専門学校を出たからといって即プロとして通用するということはありません。

まずは先輩スタッフについて、仕事の仕方を教わりながら勤めることになります。

コンサートが催される会場は多種多様であり、機材の種類も多岐にわたっているため、現場で身に付ける技術や知識は非常に幅広く、下積みも厳しいものになるでしょう。

さらに、たくさんのスタッフと一緒にひとつのステージを作り上げることが目標であるため、コミュニケーション能力も習得していく必要があります。

コンサートの成功はスタッフにかかっているといっても過言ではないため、会社から一人立ちを認められるのは難しく、数年かかる人もいるようです。