コンサートスタッフの勤務先、働き方

アーティストの専属や指名

コンサートスタッフにはさまざまな勤務先や雇用形態があり、職種やキャリアによっても違いが生じます。

アーティスト専属の場合は、アーティストが所属するプロダクションの正社員または契約社員として働き、コンサートツアーに同行するなどサポートメンバーとしての動きが求められるポジションです。

ローディーに多く、付き人のようにアーティストの身の周りの世話まで担当する人もいます。

また、アーティストから指名を受けるフリーランスのコンサートスタッフも存在します。長い経験と実績を経て独立し、確かな腕と信頼を獲得した人たちです。

この場合もツアーがあれば同行する形となり、契約した期間はそのアーティストの仕事を最優先でこなします。

こうしたアーティストの専属や指名で仕事をするコンサートスタッフは、よりアーティストの意向を汲み、アーティストが仕事をしやすい環境を作るスタッフだといえるでしょう。

制作会社に所属

アーティストのプロダクションや広告代理店がブッキングし、コンサートステージの制作依頼を受けた舞台制作会社やイベント制作会社では、まず舞台監督や演出家を選出します。

そして、選ばれた監督・演出家がコンサートスタッフの人選を行うことが多いようです。

雇用形態は正社員または契約社員で、よりステージの演出を重視した仕事内容が求められます。

プロダクションに所属

PAエンジニア、照明エンジニア、映像エンジニア、ローディーなどはそれぞれ専門のプロダクションがあり、プロフェッショナルの人材が所属。

広告代理店や制作会社から依頼を受けて、案件ごとにふさわしい人材が投入されます。

ほとんどが出来高制の契約社員で、どんなアーティスト、会場、演出であってもそつなくこなせる柔軟かつ幅広い知識とスキルが求められるため、ベテランに多い働き方です。

派遣会社に所属

会場の設営を行うスタッフ、受付や警備を行うスタッフは、イベント系の人材派遣会社が依頼を受け、必要な時間のみ専門のスタッフを派遣することがほとんどです。